モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2013年5月

ご近所のモヤイ達


130531moyai

偶然見かけたご近所のモヤイ君達です。
こんな所にこんなオブジェがあったとは・・・(
ちょっとした発見をした気分です。
永く住んでる街ですが、見過ごしているものって
多いなぁ~と改めて感じました。
マウイ島旅行記↓

写真を貼ってみます


120430paiya昨年歩いたマウイ島パイヤの街です。
ハワイの島々にはこのような素敵な街が多くあります。
そんな中でも、ここパイヤには特別な愛着と臭いを感じ、
懐かしさを覚える街でありました。

進行中わが街の巨大プロジェクト


すみません、今日もハワイの話でありません。
北線工事1

それは住宅街の一角に突如現れし巨大なクレーンから始まりました。
何事かと思われるでしょう(


これが道路工事なんですわ(
道路工事と言ってもそんじょそこらの穴掘りとは訳が違います。

巨大トンネル造製です。決してサンダーバードの基地造りではありません。

北線工事2

これはわが街で今展開している巨大プロジェクト↓その名も

3北線工事

そんで大きなビル程もある橋脚が街のあちこちで造れてます。

北線工事4

今流行りで言葉ならジェじぇでしょ。
当然うるさいし凄い振動です。
目だった工事が始まってもう1年にはなります。
以前なんか20時頃に団欒のシジマを破り、ドッカーンと爆発事故
までおきました。

ハッキリ云って私にとって、北朝鮮より脅威で株価暴落より気に
なる存在であります。

当然まだまだ続きます、私は平日の休が多いため昼寝も出来ません。(-_-;

お陰で痩せる思いです(本当に痩せるなら大歓迎ですが・・)

と言う私の枕元で起きてる、実に迷惑なお話でございました。
マウイ島旅行記↓

へんな街のへんなお祭り


蛇も蚊も祭りお知らせ


私の住む街には変なお祭りがあります。その名も「蛇も蚊も祭り」
「じゃもかもまつり」と読みます。

じつに~♪名前でしょ?

でもこの祭り、私が子供の頃からやってるんです。いつから始まった
かは判らない位昔からやってる祭りなんです。
噂によると300年前には既に行なわれていたと云う話ですが、むろん見て
来た訳じゃありません。でもまぁこの手のをモノを無形民俗文化財って
云うんじゃないでしょうか?

祭りの内容は縄で編んだ巨大な2体の蛇(雄と雌/15m)が別々に町内
を練り歩き、途中チョイとしたアクセントで跳ねたり民家の玄関に押し
入ったりして、集合場所の神社に帰ってきます。そして最後に絡み合い
喧嘩し合いして終るのです。だからナンなの?って祭りですが、
子供の頃はコレに参加するのが楽しみでした。御菓子やアイスなんか貰
えたりするので、物欲の亡者だった私は眼の色を変えて飛び出して行きました。

そんな「蛇も蚊も祭り」が今年もまた6月2日にあるようです。
残念ならが今年は法事で見ることは出来ませんが・・
蛇も蚊も祭り縁の神社

この奇祭縁の神社が何箇所かあったり、茅場なんかも保存されいた
りするんです。

小さな街のあまり知られてない変な祭りですが、それでも意外に遠方
から、カメラ片手に観に来る方もおられます。(^O^

朝の散歩で思い出したm変な祭りのmお話でした。

マウイ島旅行記↓

旅行記用のブログです。


2011年5月ラニカイ

気がつけば季節はすっかり初夏の色あいですね。
一年のうちでそう何日も無い素敵な季節がやって来ました。

そんな中にありながら、私の大好きなモーハブログは未だ
立ち止まったままです。

編集長はじめ関係スタッフの皆様も頑張っているので、
きっといつの日にか活気を取り戻す日が来ると信じております。

ソレまでの間と云ってなんですが、実は私もう一つハワイブログを
やっております。今は主に旅行記を載せているブログですが、
2005年1月から細々と記事を上げさせて貰ってます。(^O^

今は昨年のマウイ島ラハイナ辺りの記事を掲載致しております。
もし宜しければ、こちらの方にも遊びに来て下さいませ。

http://blog.goo.ne.jp/andon116

なんとか入る事が出来ました。



何とか入る事が出来ましたが、これからが

大変そうですね。

ブログの構成も振り出しに戻ってしまったのか、

BGCOLORも白に返ってしまい、お気に入りだった

赤のブログラインも消えました。

なによりコメントが書けないのがツライです。

記事内でHTMLが使えるか不安なので、今日は

大人しく投稿してみます。(

ハワイの働く車


Post-473昨年カピオラニ公園横で見かけたゴミ収集車です。
日本のゴミ収集車と大きく違う、アメリカならではのダイナミックな
仕事ぶりでございました。

この前方ににある2本の巨大なツノ、コレがこの車の最大の特徴です。

皆さん思い出して下さい。ハワイのホテルやコンドのバックヤードで
見かける、グリーンの大きな鋼鉄製ダストボックス。

そうこの車の豪腕なツノは、あの鋼鉄製ダストボックスの底部の脚兼穴
に直接刺し入まれるのです。

そしてそのまま と
バックブリーカーの様に、後方の積載部へゴミを放り込みます。

日本のように人が降りて人力で、ゴミを処理する事は有りません。
さらに日本のようにゴミを圧縮する事もなさそうです。
まさにダイナミックなアメリカ的発想、トコロ変われば働く車も
変わると云うそんなお話でありました。