モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2011年3月

ビーチA-GOGO


Post-150『行くべしオアフ島 ビーチA-GOGO』が届きましたよ!

最強オアフのビーチガイドと帯に謳ってあります。
早速、中を開いてみてびっくり、べし本なのに写真が綺麗。
駐車場の有無をはじめビーチの詳細が記されており、

続きを読む »

命拾い


Post-149突然ですがケツが痛いですヒジにも激痛がはしります。
と言うのは昨日の事です、まぁ聞いてくださいませ。

何でも屋の私は、店舗レイアウト変更のため脚立に乗り作業中
でございました。その時、予期せぬ事が起ったのです。なんと

続きを読む »

HHVのキー


Post-148昔々のその昔、オアフ島はヒルトン村に泊まった時の
ルームキーです。
今はデザインが変わったかも知れませんが、ルームキー
一つとってもリゾートって感じが致します。

続きを読む »

頑張りましょう。


Post-147あの日逆流した川のほとりで、
サクラの蕾がふくらみはじめました。
もう春はそこまで来てるんですね。

そろそろ上を向いて、歩きはじめますか。
やらねば成らぬ事は沢山ありますからね。


不安なんでしょうね


Post-146今日も物がありませんでした、コンビニにもス-パーにも
何処にも何にもありません。
供給が間に合わないのもありますが、それ以上に皆さん
不安なんでしょうね。
無理もありません、毎日テレビから流れるのは、悲惨な
現実ばかりです。

救援に向かった若い自衛官は、あまりの悲惨さに食べ物が、
喉を通らなくなりました。
原発は日に々々深刻な状態になってゆきます。
こんな事が幾日も続けば、人心は揺れて当たり前です。


続きを読む »

なんだか街が殺気だってます。


Post-145日々被害の甚大さ、実状が判るにつれてブログを書くのも
憚られるような気がしておりました。

私だけでは無いでしょう、あの日から雑務に追われる日々が
続いております。計画停電のため今日の営業中止決断したのが
朝の5時です。雑務はその分増加しますが、被災された方々の
ご苦労を思えば弱音は吐けませんね。

数万人の犠牲者を出す事になりそうな、最悪の状況に加え
原発の原子炉も心配です。今は一人でも多くの方が助かる
事を願うばかりです。

明日も今のところ見通しが経ってません、しかしメインサーバー
からの情報管理もあり休む事はできませんね。

なんだか街が殺気だってる様に、思えて仕方ありません。
ガスステーションには長蛇の車列、スパーのタナは空っぽ?
驚く事ばかりです・・・

今は様子見の日々ですから、確定しない不確かな情報に振り回される事も
多いですよね。どうか皆さん苛立つ事無く過ごしましょう。と己に言い聞かせてます。
実はね今日で10日目になるんです、タバコを吸ってません。(苦笑)

:emojistar2: 日本赤十字社震災義援金


なんとか帰宅いたしました。


Post-144皆さん大丈夫でしたか?
私は大渋滞にはまりながらも、
なんとか先ほど帰宅できました。

被災された方の一刻も早い復旧と、
お亡くなりになった方々のご冥福を
心よりお祈りいたします。

意味不明、オヤジのたわ言でございます。


Post-143「椅子のある風景」なんてタイトルの絵がありますが、
私の座ってみたい椅子は、ずばりこんな場所のこんな椅子です。

画像はある日のカイルアビーチでございます。
無造作に置かれた椅子に、たまらない魅力を感じました。
コレに座ってバドライム片手に、読書をしたら最高やろな
と思いました。勿論ビーチでの飲酒は出来ません。
それは知っておりますが、やっぱこのシチュエーションでは
そう思うオヤジ心なんですね。

ところで、この椅子の持ち主ってどんな人だと思いますか?
きっと彼もしくは彼女のお気に入りのチェアーなんでしょうね。

よく畳の文化と椅子の文化という比較表現をしますが、
畳文化のオヤジさんも、この椅子の気持ちよさは理解できます。
遠い昔、逗子の浜辺にゴザ敷いて「海はええの~」と言って
いた時には、この世にカイルアビーチが存在するなんて思っても、
見ませんでした。

まして将来そこでゴザ敷くとは思ってませんでした。
だからと言う訳ではないですが、偶にははお洒落な椅子に座って
ビーチで寛ぎたい。ハゲ散らかったオヤジさんには似合わんのは
判っています。でもでも気分はキムタクで座ってみたいんです。

以上、今日はオヤジのたわ言でございました。

747


Post-142去る3月1日、JAL最後のジャンボが成田に到着しましたね。
そんな訳で今日の画像は、私が最後に乗ったJALの747です。
翼の肩越しに見えるDHが判りますか?

個人的には好きな飛行機でした、専門家によると
少々気流が悪くても、安定して飛ぶ事の出来る安全な機体
だったそうです。

初めてジャンボを見た時、その大きさが眩しかったです。
自分の乗る機体(727)が翼下を通過できる程の大きさでした。

それはまさに大人と子供、舞の海とアンドレ ザ ジャイアント、
提灯(ちょうちん)とアドバルーンでありました。
あん時に思ったのです、いつかコイツに乗れるようにな人間に
なりたいと・・・
勿論、機のデカさでチケット代金が変わる訳では無いのに、
何故かそう思っちゃったのですね。(馬鹿で笑)

しかしそんな夢はあっさり叶いました、それから1年も経たない
ある日こと、それはタダ同然で行く初ハワイの出発日でした。
羽田の搭乗口に横付けられて居たのは、なんと747でした。
おおっ、ついに憧れのジャンボに乗れる様な人間になった!と・・
しみじみ思いました。人間の地位や名誉で機体が変わる訳では無い
のに、そんな事は判っているのに、マタマタそう思ちゃったんですね
(重ね々々 馬鹿で笑)

幸運にも初ハワイが初ジャンボだった私は、ハワイ=ジャンボの
イメージが鮮やかに定着し、また旅客機の憧れは=デカさへの憧れと
変わりました。

あれから膨大な時を掛け、何度も何度もハワイを訪れた要因の一つは、
巨大なジャンボジェットへの憧れと、やむにやまれぬミーハー精神
だったのかも知れません。しかしJALのフライトが全てではあり
ません。まだまだジャンボに乗る機会はあるのです。

そうJALがダメならデルタがあるさ、デルタもダメならチャイナもあ
りです。まだまだボーイング747-400への搭乗意欲は衰えないのであり
ます。とか言いながら、次回の渡ハはJALで767なんですけど・・
散々引っ張っておいて、こんな落ちでスンマセンでした。


ささやかな夢


Post-141この店に行ってみたいんですよね~♪
矛盾する言い方ですが、実は何度も行ってます。
そう、この店の前まではね。


続きを読む »