モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2010年11月

maluhiaさんの歴史ツアー、おまけ (三日目)


Post-749maluhiaさんの歴史ツアー、しめくくりをつけなくては年が越せません :emojipunch:

ダウンタウンの歴史的建造物やハワイ王朝の話をたっぷりと伺ったあとは、なにか冷たいものを飲んで一休みしましょうということで、いったんホテルに戻りました。

前々から興味があったアサイーを食べたかったので、ロイヤルハワイアンセンターのアイランド・ビンテージ・コーヒーへ。首尾よく席をゲットして、一休みしました。初体験のアサイーは、程よい酸味でなかなか美味。冷たい食感が火照った体に心地良いです。

ここで、ブロガーにあるまじき失態を演じました。ホテルに戻った時にカメラを忘れて来てしまったのです :emojisweat: 。なので、アサイーボウルの写真はナシ。このあとmaluhiaさんと三人で向かったクヒオビーチ・トーチライティングのフラの写真もナシ :emojiface_gesso:

なのですが、フラの写真はmaluhiaさんからいただいた写真が一枚あり、ブログの体裁をとることができました。

この日のフラは、なんというか、なんともホノボノとしたパフォーマンスでした。大人のダンサーたちの技量に幅があり、横目で前の人の振りを見ているのが明白な方がいたり…。むしろケイキたちがしっかりと訓練されている様子が良くわかりました。若い男性のクムも、意欲が感じられて、いいステージでした。

写真の女の子、ぽちゃぽちゃとして可愛い上に、踊りがとてもしっかりしているのです。もう少しお姉さんのダンサーも素敵な踊りを見せていたのですが、しばらくすると観客みんなが彼女に注目し、カメラがみんな彼女に向くという状況。お姉さんたちにちょっと同情してしまいましたけど、短い手足でくりくりと踊る様子がダントツに可愛かったので、まあ仕方ないか。 :emojiface_glad:

maluhiaさんには本当に長時間お付き合い頂いて、とても有意義で楽しい半日を過ごすことができました。本当にありがとうございました。

フラ・ショウが終わるころ、涼しい風が吹きわたり、爽やかな夕べとなりました。明日は、JALのイベントで簡単なフラ・レッスンを受けるつもり。これもまた楽しみです。

maluhiaさんの歴史ツアー、ダウンタウン編 (三日目)


Post-748maluhiaさんの歴史ツアー、ダウンタウンに場所を移し、ハワイ王朝時代のエピソードを今に伝える建物を巡ります。

と、知らん顔をして続きを書き始めましたが、我ながらブログの滞り方が尋常ではありません。実は、会社からとある研修に派遣され、毎日、自宅学習に追われているのです。

レポート

この写真に写っているのは最近提出した課題の一部です。時事問題、事例研究、読書感想文、ことわざ、一般常識、はては漢字の書き取り、計算問題にいたるレポートを毎月提出せねばならず、毎日作成に追われているため、ブログの更新がままなりません。 :emojiface_tear:
まあ、泣き言はそのくらいにして、歴史ツアーに戻ります。まず、私のリクエストでハワイシアターに案内していただきました。

ハワイシアター

10年ほど前、伊香保のハワイアンフェスティバルでハワイ文化のレクチャーを受けたのですが、講師のクム・フラがオアフでの見るべき場所の一つとして挙げたのがここ、ハワイシアターでした。有名なホテルストリート :emojiface_gesso: にも初めて足を踏み入れます。(ちと大げさ)

州庁舎

その次に向かったのは州庁舎。ダミアン神父像をこんな近くから見るのは初めてです。

リリウオカラニ像

海側に抜けて、リリウオカラニ像。

手元

彼女の偉大な業績を示す三つのものを、像の左手が持っています。 :emojipencil: :emojinote_eight:

ワシントンプレース

少し後戻りしてワシントン・プレースを見て、

セントアンドリュース大聖堂

セントアンドリュース大聖堂にまつわるお話を伺いました。既に閉まっていたので、素晴らしいステンドグラスを見ることが出来なかったのがチョット残念。

歴史建造物

歴史ある建物が沢山あります。ハワイアンエレクトリックカンパニーのビルを眺めながら、カメハメハ大王像の方に向かいます。

キングカラカウアビルディング

カラカウア王は、王様になる前、ホノルルの郵便業務の責任者(郵便局長?)でした。というわけで、このキングカラカウアビルディングには、今も郵便局が入っています。 :emojipostoffice:

プルメリア

キングカラカウアビルディングの脇に、プルメリアが咲いていました。このプルメリアは、このつぼみの状態までしか開花しないのですが、そのかわり、とりわけ素晴らしい香りを持っています。

カメハメハ大王像

そして、カメハメハ大王像です。モデルはカメハメハ王とは違うこと。ハワイ州にカメハメハ大王像が三体あることなど、皆さんご存知ですね。

カワイアハオ教会

続いて、カワイアハオ教会とルナリロ王のお墓を訪れました。ルナリロ王は王族の墓所に入ることを望まず、自らここに墓所を定めました。ハワイ王朝にも複雑な人間関係があったようですね。

ハオの泉

ちなみに、カ・ワイ・ア・ハオとは、ハオの水という意味ですが、昔この場所に湧きだす泉があり、ハオという名の王族女性が愛したことから「ハオの泉」と呼ばれていたそうです。その泉にちなんだ小さな噴水が教会の脇にあります。

紋章

ツアーも終わりに近づきました。今日、ぐるっと回った道筋の中心にイオラニ・パレスがあります。宮殿の敷地の扉にハワイ王朝の紋章があります。紋章に描かれた絵柄にも一つ一つ意味があります。

戴冠式台

カラカウア王が即位するとき、戴冠式を行った戴冠式台があります。ハワイ文化を再興し、ハワイの独立を守ろうとしたメリー・モナークも志半ばにして病に倒れ、後を継いだリリウオカラニ女王がハワイ王朝最後の王となってしまいます。全世界に力を広めつつあった欧米の勢いに、精いっぱい対抗して独立を守ろうとしながら、力尽きたという悲しさを感じます。

当初の予定を大幅に越えて、maluhiaさんにはスッカリお世話になってしまいました。興味深い話は尽きないのですが、夕方になってきたのでツアーは終了。どこかで冷たいものでもいただきながら一休みするため、ワイキキに戻ることにしました。本当にありがとうございました。