モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2007年10月

きたざわまつり


Post-498今年も、下北沢の「きたざわまつり」に参加させていただきました。盛りだくさんのプログラムが用意されているなか、踊りや歌など、パフォーマンス系の発表は、北沢タウンホールが会場です。300席ほどの立派なホールで、出演団体はフラをはじめ、日本舞踊、コーラス、バレエ、ベリーダンス、フラメンコ、和太鼓、珍しいものでは南京玉簾もありました。

昨年同様、今年もフラの伴奏で参加。バンドの編成(?)はウクレレ2本とギターで、私はボーカルとウクレレ担当です。今年は女性コーラスの応援もあり、華やかになりました。

演奏j曲は、White Sandy Beach、月の夜は、Ka Pua U’i、Kaimanahilaです。ソロパートでちょっとつまづいたところも合ったのですが、先週と今週、練習に出てあわせたおかげで、フラとも呼吸が合い、まあまあの出来だったと自画自賛。 :emojiface_glad: (あ、もちろんフラの皆さんはバッチリです!)

フラと、ココまでは例年並なのですが、今年は私たちカネ・ダンサーも踊りで参加することになりました。でも、メンバーの都合がつかず、3人で踊ることに…。 :emojiface_coldsweat:  曲は、Holo Wa’a Paです。彼女と2人でカヌーに乗って海に漕ぎ出し、波に揺られながら楽しもう、っていうちょっとばかり意味深な歌詞。途中、客席に背中を向けてアミをするところがあるのですが、客席からは笑い声。少なくとも、そこだけはウケたみたいでしたね。 :emojiface_glad2:

コンペ打ち上げ


Post-497昨日、かなり大きなフラのコンペティションの日本大会があり、私が所属するハラウのメンバーも出場しました。皆さん、日頃の練習の成果を遺憾なく発揮し、満足のいく結果が得られました。夜、六本木近くのクラブを借り切って行われた打ち上げは、祝勝会状態。おめでとうございました! :emojispark:

フリードリンク、フリーフードで会場は大いに盛り上がっています。大会で伴奏するためにはるばるハワイから来た3人組のバンドがハワイアンを演奏してくれてイイ感じです。彼らに促され、フラも次々に披露されます。

バンドウクレレ、ギター、ベースのトリオです。本場のミュージシャンを迎えて、会場はまるでハワイ。でも、みんな体格良すぎ。ごっつい体と顔つきが一見コワイのですが、

スマイルベースの彼がカメラに気付いてこんなBi~g Smileをくれました。 :emojiface_glad2:

彼は、ハワイでも有名なクムフラの息子さん。聞くところによると、普段はThe Bus :emojibus: のドライバーをしているそうです。皆さんの中で、彼の運転するバスに乗った方もいらっしゃるかもしれませんね。 :emojibusstop:

忙がしい一週間 :emojisweat:


Post-496なんだかんだと忙しく、前回のアップからだいぶ日が経ってしまいました。まあ、こんなときもあるサ。無理をせず、生活のペースにあわせていきましょう。 :emojiface_glad:

人並みに仕事も忙しかったのですが、先週、今週と、趣味に関して多忙です。間近に迫ったイベントで、フラの伴奏をさせていただきます。それぞれの教室に出張して練習に参加しました。

特に、今週は…
月曜:馬喰町のクラスで伴奏。曲は「月の夜は」と、「Ka pua u’i」
火曜:自分のウクレレ教室。現在練習中の曲は「ボサノヴァ温泉」
水曜:自分のフラクラス。曲は「Noho paipai」
木曜:永田町のクラスで伴奏。曲は「Kaimanahila」
金曜:コンペクラスが大きな大会に出場するので、夜、その打ち上げにはせ参じます。
土曜:休日というのに棚卸。 :emojiface_tear:

いやはや、なんとも充実した一週間です。好きなことやって忙しいのだから、幸せですね。(棚卸は除く)

シェフはサーファー(白楽のヴェトナム料理店)


Post-495先日、仕事が終わって「会社出たメール」を送ると、偶然ame妻も都内で仕事が終わったところでした。8時頃渋谷で落ち合いましたが、若者の街渋谷はよく知らないので、ちょっと前に見かけた白楽のヴェトナム料理店に行ってみることにしました。


店内東横線の白楽駅をおりて、表通りである旧綱島街道を六角橋のほうに少し行ったところにある、「Win’s」です。外から中を伺うと、お客さんは誰もいません。でも、せっかく来たのですから、入ってみます。店内はわざとらしいエスニック風でもなく、落ち着いたいい雰囲気です。まずはビール。ヴェトナムビールの333(バーバーバー)で軽くカンパイ。 :emojibeer:


ame前菜amebouzuは、タイ風蒸し鶏と揚げ春巻き、の盛り合わせとハスの実入り炊き込みご飯のセットにしました。こちらが盛り合わせのお皿。


ameメインこちらがメインのハスの実いり炊き込みご飯です。


妻前菜エビ好きのame妻は、エビいり揚げ春巻き、タイ風揚げ春巻き、エビのすり身のパンのせ揚げのセットと


フォー・ガーフォー・ガーにしました。どれも美味しかったです。思い立って来てみてよかったです。

ふと店内のマガジンラックを見ると、ヴェトナムのガイドブックと一緒に、なぜかサーファー向けマガジンが入っています。手にとって、10メートルは軽く超えていそうな巨大ウェーブ :emojiwaves: に乗っているサーファーの写真を眺めていると、お店のマスターが「すごいでしょう」と話しかけてきます。

「サーファーさんなんですか?」と聞くと、「ホンの少しだけですけど…」と答えてくださいました。客が私たちだけだったこともあって、サーフィンの話をいろいろお聞きしました。食事中にも料理についても説明してくだいましたが、話しかける間合いもよく、なかなかいい感じでした。雰囲気もお味もGoodなので、また機会があったら行ってみようと思います。コゲメシ製作所さんの縄張りの白楽~六角橋近辺、奥が深そうですね。 :emojiface_glad2:

わが家の兵馬俑


Post-494ウチの兵馬俑です。精悍な顔つきでなかなか迫力あるでしょう。しゃがんだ姿勢で45mmほどの高さ。立像は60mmほどの堂々たる身長です。

ウチのおくさん、中国が大好きで、私と結婚する前にも一人旅で訪れています。かつて、兵馬俑を見るため陝西省の西安にも行きました。

上海から国内線で西安に行き、2泊したそうです。インターネットで探した女性のガイドを雇い、一人で兵馬俑抗の見学に行きました。ほとんどの人は大きな建物の2階部分から見学していたそうですが、日本円で2,000円ほどの写真撮影代を支払うと、下におりてさらに近くから見ることが出来るそうです。ame妻は写真撮影代を払ったのですが、20円ほどで食事が出来るところでの2,000円です。 :emojiface_gesso: 他に払っている人はいなかったそうです。

見学の後、市内の土産物屋で兵馬俑人形を探したのですが、15センチくらいある中途半端に大きなものばかりで、気に入ったものがなかったのですね。そうしたらガイドのお姉さんが「知り合いが試験的に小さな兵馬俑人形を作っているので、持ってきます。」と言い出しました。

粘土で作って焼いてある人形が、一体200円。「いくつあるの?」と聞くと、50体ほど在庫があるということだったので、とりあえず全部持って来てもらったわけですね。

群像翌日、上海に帰る日の朝、彼女がホテルに持って来てくれた50体を見て、あまりの可愛さ :emojispark: に、即決で全員お買い上げ。とても親切でいいガイドさんだったので、値切ることもしませんでした。割れないように一つずつ丁寧に紙で包み、負傷者もなく、無事日本につれて帰ることが出来ました。 :emojiairplane:

そうして勢ぞろいした様子がこちら。どうです、ちょっとしたものじゃないですか?わが家の宝物です。 :emojispark:



コストコ恐れ入りました。 :emojiface_gesso:


Post-493コストコにはいつも驚かされて来ました。わが家より巨大なビニールプールやバスケットボールのゴールが普通に売られていることに慣れた後も、13万円のコートを無造作に陳列するセンスに驚き、チョコレートファウンテンの家庭版にたまげたりしてきました。もう、驚くことはないだろうと考えていたのですが、マサカこのお方にお会いできるとは思ってもみませんでした。

兵馬俑さまです。


全身昨日、久しぶりに金沢店に行き、買い物もあらかた済ませてなにか面白いものがないか、店内を見て回っていました。兵馬俑さまは、ガーデニング用品などの一角に、185センチメートルの巨体を静かにたたずませていらっしゃいました。


値札ウチの奥さん、兵馬俑を見に、西安まで一人で行ったというほど中国の文物が好きです。思わず声が出そうになるのを押さえて駆け寄ります。確かに兵馬俑です。しかもLEDライト付き(なんじゃそれ)。一体どこの誰が企画したものでしょう。コストコでは誰が判断して仕入れたのでしょうか。北京オリンピックが迫り、世界的にシノワ趣味が高まるという傾向でもあるのでしょうか。


足元気を落ち着けて仔細に観察します。足元には石ころに模したかけらの上にソーラーパネルがくっついていて、像の足元には4つのLEDランプが付いています。夜になるとこれでライトアップするわけですね。怖くないかな? :emojiface_coldsweat2:

値段がまたなんとも言えません。4万円でお釣りが来ます。来ますけど、2円ですよ。ここまでしてお安感を出そうとするところに、原則を重んじる文化を感じます。

さて、「仔細に観察」した結果、お値段の割には出来のいいお値打ち品だということはよくわかりました。でも、わが家にはウチの奥さんが西安で買ってきた兵馬俑が既にあるのです。大きさでは少し負けますが、数では負けていません。それについてはこの次のアップでご紹介させていただきます。

午後のひと時、ウクレレの集い


Post-492昨日の午後、私がお世話になっているT先生の主催で、ウクレレのレクチャー・発表会・ミニコンサートが一緒になった盛りだくさんのイベントがありました。

T先生は、ヤマハのウクレレ教室の責任者をされていますが、ヤマハ以外の場所でもウクレレ、ギターを教えていらして、時々その生徒たちが集まります。昨日も生徒中心に出席者50名あまり。ごくごくアットホームな雰囲気です。

先ず、先生の実演を交えたレクチャーがあり、その後発表会に移ります。

トップの写真は、日曜の教室でクラス仲間のMさんが先生と二重奏をされているものです。もともと音楽の素養を持っていらっしゃったのですが、30周年のアニバーサリーで訪れたハワイに魅せられ、ウクレレとフラまで始めちゃったという奥様です。とっても可愛い雰囲気のチャーミングな方なのですが、音楽に関してはとても積極的。こうした機会にどんどんエントリーされています。もともとクラシックが大好きだということで、昨日は「バッハの小フーガト短調」を二重奏で演奏されました。

他の皆さんも、この日のために練習を積んでいらっしゃた様子がよくわかり、どれも聴き応えのある演奏でした。

今、申込書を見直して気付いたのですが、出演料、「先生との二重奏」は「アンサンブル」と同じ扱いで「ソロ」より安い! :emojiface_gesso: お金のコト言うのなんですが、こんな料金設定に先生のお人柄が感じられます。

さてさて、引き続いては先生のミニ・コンサート。いろいろなウクレレを用いていろいろな曲を演奏してくださいました。こちらの楽器は、海外の博物館にあった古楽器を日本の専門家に依頼して作り上げたルネサンス時代の古楽器のコピーです。但し、サイズは実物より小さくして、調弦は8弦4コースでウクレレと同じ。こうした楽器があれば、現在、専門家にしか演奏不可能な当時の貴重な曲も気軽に演奏できるのではないかと考えて、先生がプロデュースされたもの。ウクレレの可能性の一つとしてご紹介いただきましたが、典雅な響きの素敵な楽器です。 :emojinote_eight:

その後も、灰田有紀彦さんやオータサンとのエピソードを交えた先生のお話と演奏を堪能し、気付いてみたら午後5時。2時前から始まってタップリ3時間の時間があっという間でした。

オータサンもおっしゃっています。「毎日練習してください。練習しなくてもいいから、毎日ウクレレにさわってください」
ウクレレの楽しさを新ためて感じ、もっと真面目に練習しようと、チョットダケ反省した昨日でした。

もしかして、当たり年!?


Post-491気がつけば、9月も過ぎ、もう10月ですね。ブログに書こうと撮っておいた写真があったのですが、時間切れになりそうなので、いささかあわて気味のアップです。 :emojisweat:

生協で1500円分キリンのビールかウイスキーを買い、レシートを送ると、オリジナルスイーツが当たるという生協とキリンビールのタイアップキャンペーンが、この夏ありました。

ビールを買いだめすると買いだめしただけ飲みだめするというだめな性格の私ですので、わが家では基本的にビールの在庫は酒屋に保管することにしています。ビールが必要な時は、保管料(商品代金ともいう)を支払って家に持って帰るのですす。ところが、このキャンペーンを知ったame妻は、なんとロング缶6本パックの購入を提案します。「け、どーせ当たりゃしないだろう」と思いながらも、私にとっても願ったりかなったりの提案です。もちろん買ってかえりましたよ。

先日、出先から帰ると、「キリンスイーツキャンペーン」からの不在配達票。おぉ、当たったじゃないか :emoji!!: :emojispark:

世田谷の洋菓子店、ノリエットの永井紀之パテシェのオリジナルスイーツです。2本セット。さらに、9月と10月の2回送られてくるというなんとも豪儀なプレゼントです。

ショコラバナーヌトップの写真、右側の「マイヤーズ・ラムを使用したマローネン」は、アップの写真を撮ることも忘れて食べてしまいました。左側の「フォアローゼスを使用したショコラバナーヌ」は、ちゃんとアップの写真を撮ってから頂きました。

そうなんですよ!あわて気味のアップをした理由は、もうしばらくしたら、10月お届け分「シーバス・リーガルを使ったショコラ」が届くからなんです。う~む、楽しみ。食欲の秋。

ame妻は、「誰のおかげで美味しいケーキをゲットできたの?」と私に何度も聞きます。ハイ、あなたのおかげです、と一度ちゃんと答えたのに、なぜか同じ質問を何度もするのです。何故でしょう?不思議です。

この前は100%コナ・コーヒーが(ame妻のおかげで)当たりました。このツキを生かして宝くじでも買ってみるかな。