モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2006年12月

年末のごあいさつ


Post-344皆さん、年越し蕎麦は召し上がられましたか?わが家では、先日「焼蟹の煮麺」とやらを頂いたので、伝統からは少しはずれますが、年越しにはお蕎麦に代えてにゅうめんを頂くことにしました。

スープのカニの香りが食欲をそそります。せっかくの「焼蟹の煮麺」なので、ちょっとゼイタクしてタラバガニを乗っけました。イミテーションじゃないよ。リアルクラブです。

もう一品は、このブログでも人気のアボカド・アヒです。アボカドを切ってみると、ベストタイミングでした。アボカドを切って、ちょうど食べごろだと、なんか嬉しいですね。

さて、あと1時間ほどで今年も終わります。今年はブロガーの皆さんも増えて、ブログを訪問したり、コメントを頂いたり、モーハワイ・ブログも充実して楽しかったですね。いろいろとありがとうございました。そして、来年もよろしくお願いもうしあげます。

新年が来るのにあわせて横浜港の船が汽笛を鳴らします。その汽笛を聞きながら、2007年を迎えようと思います。皆様も、よいお年をお迎えください。

年の瀬


Post-343昨日は、今年最後のフウフ共通の休日。買い物がてら外で昼食をとろうと、横浜中央市場内の伊豆屋さんに出かけました。

二色鉄火丼と天丼を注文し、途中で取りかえっこして2つの味を楽しみます。その後、前から気になっていた市場内の肉屋さんに行ってみることにしました。


お店お店の名前が「ジャストミート」というところからして、只者ではないという感じがします。店内は、オブジェやら書籍やらでしゃれた雑貨屋みたいです。


高級ハム高級ハムやソーセージがディスプレイされたショーケースの上で、お兄さん(お店の若旦那かもしれません)が、ハムをスライスしていました。あまりにも存在感のあるハムだったので、写真を撮らせてもらいました。ハモンセラーノというスペインの高級生ハムだそうです。アップで撮った写真をトップにおきました。既にかなり削り取られています。


一切れ試食させていただきましたが、塩だけで作ったとは思えない、複雑精緻な味です。薄くきったスライスがしっかりとした歯ごたえで、なるほど、世界三大ハムの一つと言われるだけの味わいでした。


市場のあとは市場のあとは、いつものコース。魚屋の魚勝さんに向かいます。お正月の買い物をするお客さんで込み合っています。


普段普段は魚が並んでいる冷蔵ケースの上も、すっかりお正月モードになっていました。

今日、ウチの奥さんは出勤。私も、ちょっと気がかりを思い出したので、これから会社です。今年最後の夕食は何にしようかな。

わが家のTi


Post-342わが家のベランダで寒さに耐えていたTiちゃん、水遣りのときにふと見ると、今年も立派な花芽をつけているではないですか。小さなつぼみがズラっと並んで膨らみ始めています。

温かいハワイから来たのに、12月下旬までベランダで厳しい耐寒生活を強いられたので、子孫を残そうと考えたのでしょうか。悪カッタ。さっそく部屋に入れて、日の当たる窓際に置いてやりました。

花芽の下のほうから小さな小さな花が順番に咲きます。前回花芽を付けた時は、なぜか花にならずに落ちてしまうつぼみが多かったのですが、今回はどうでしょう?かわいい小さな花をたくさん付けて欲しいものです。

楽しみっ!


Post-341雨の中、帰宅して郵便受けを覗いてみると、なにやら見慣れない封筒が…。お、ようやく届いたか!

Mele.comに注文していた、Makaha Sons のDVDです。12月12日の発売予定が過ぎても音沙汰無いなあと気をもんでいたら、19日に入荷との連絡があり、楽しみに待っていたものです。

アロハタワーのチャイズで、彼らのライブを聴くチャンスがありました。音楽の素晴らしさもさることながら、肩肘はらない気さくな雰囲気がとっても印象的でした。意欲的な若手のアーティストもいいですが、ベテランも負けてはいません。

封を切る前の写真もちゃんと撮ったので、これからさっそく聴こうと思います。楽しみです。 :emojiface_glad2:

お家ディナー


Post-340今日(24日)、街を歩いていましたら、「クリスマスケーキ、2割引でーす」という呼び声を聞きました。多くの家庭では、今年のメインイベントは昨晩だったんですね。そういうわが家も、今日は奥さん出勤なので、昨晩がお家ディナーでした。

お正月を前に、今年も無事にここまで過ごせたことを感謝します。で、お祝いにご馳走をいただくわけです。

今回のメインは、シェラトン・ワイキキ、じゃなかった、ヨコハマ・ベイ・シェラトンで買ってきたクリスマスケーキ。ミルフィーユのケーキです。うぅむ、ちょっと小さいか…。でも美味しかったから、大満足です。

お料理はお料理は、まあ、いわばケーキの前座ですね。飲み物はスプマンテ。シュリンプのなんちゃってカクテル(ゆでたエビをグラスに引っ掛けただけ)。インチキカナッペ(カマンベールを切って、クラッカーに載せた)。手羽もとの煮込み。さらにスペアリブのマーマレード煮(圧力鍋使用)。といったラインナップです。

教会では、今朝も今晩も、礼拝やミサが行われていることでしょう。そこに出席される人たちの気持ちを大切にしつつ、一方でこうしていろいろな宗教行事をおおらかに生活に取り入れてしまう日本人の感性も積極的に評価していいんじゃないかな、と、このところ感じるようになっています。閑話休題

ディナーで英気を養って、めっちゃ忙しい(であろう)今週を乗り切るぞ。 :emojigoo:

ハワイアン・プランツ(シグ・ゼーン×高山求エキジビション)


Post-339Carly Roseさんが書いていらっしゃる、高山求さんとSig Zaneのコラボ展に行ってきました。

いったいどういう風にコラボレーションをされているのか、興味津々だったのですが、実物を拝見すると「ナルホド!」という感じ。シグさんがデザインしたファブリックに、そのモデルとなった植物を重ねて高山さんが写真を撮っているのです。シグさんが捉えた植物のイメージと、ハワイの光の中で輝く実物の植物、さらにはその植物が落とす影が渾然と絡み合い、独特な世界を作っています。

拙い言葉で説明すると安っぽくなってしまうので、可能でしたらぜひ訪れて自分の目でご覧ください。26日(火)までの開催です。詳しい情報は、高山さんのホームページ内のこちらの告知をご参照ください。

コラボ作品のほか、高山さんの写真作品や、シグさんのステンシルアートなどの展示があります。ハワイの虹や波、趣のある古い建物の写真も素敵でした。冬の日の昼下がり、ここだけハワイの風がそよいでいるような、心安らぐひとときを過ごしました。

たまたまたまたま高山さんご本人がいらっしゃって、少し言葉を交わすことが出来ました。この中に高山さんがいらっしゃいますが、どなたかおわかりですね。

クイーンアリスのクリスマス


Post-338この週末はいよいよクリスマスですね。12月も半ばを過ぎると早いですね。毎日仕事に追われて、ちょいとグロッキー気味です。 :emojiface_gesso:

先日、夫婦で一足早いクリスマスとしゃれ込みました。行き先は、みなとみらいのパン・パシフィックホテルのレストラン、クイーン・アリスです。

メニューはプレフィックスで、週末は時間指定の二部入れ替え制と、ちょっとした制約があるのですが、まあお得な(安いとはいえませんが)値段で美味しいフランス料理をいただけるのですから、文句はありません。お料理はモチロンのこと、特筆すべきは接客スタッフの応対です。フレンドリーで押し付けがましくなく、爽やかなサービスがとっても気持ちいいのですよ。

さて、当日いただいたものは、

前菜まず、前菜が、ameは「釜揚げしらすのキャビア見立て」(左側)。ame妻は、「七面鳥とズワイガニの生春巻き」(右側)です。これね、キャビアではないですよ。キャビア見立てということでトンブリです。お皿の模様は、ソースです。見た目も素敵ですね。

温野菜温野菜は、二人とも、「フォアグラのソテー大根添え」にしました。こればっかりははずせません。この後、スープが出ます。

そしてそして、魚料理です。ameは、「フレッシュサーモンの笹焼き」(左側)、ame妻は、「本日の魚介料理」ということで、クエのスープ仕立て(右側)です。ちょっと盗み食いしたクエは、白身で上品な味でした。お口直しのユズのシャーベットに続き、

メインメインの肉料理です。ameは、「鹿フィレ肉のソテー洋梨のグラタン添え」(左側)。ame妻は、「鴨胸肉の網焼き北大路魯山人風」(右側)をチョイスしました。鹿肉はあっさりとした上品な味でした。鴨肉は、茄子が添えられているのですが、その茄子が鴨の形にこしらえています。オモシロイ。

締めくくりの締めくくりのデザートです。ameは「リンゴのミルフィーユ」(左側)です。リンゴのお菓子がすきなんです。ame妻は「アリスのカスタードプリン」(右側)を選びました。プリンが大好物なんですよ。

食後食後のコーヒーでコナ・コーヒーをチョイス出来ることも、ここが気に入っている理由の一つです。お代わりもいただいて、満足してディナーを締めくくりました。

世の中の恋人たちがディナーに向かう今度の週末は、のんびりと自宅ディナーにするつもりです。みなさん、よい週末を。メリークリスマス! :emojistar2:

Hulaクリスマス会


Post-337昨日は、私が通っているハラウのクリスマス会でした。私たちの曲は、以前にも書きましたが、カジメロのNa Menehune ‘Ekolu。メネフネをあらわす部分に、しゃがんだままでチョコチョコと歩くところがあり、これがけっこうキツイのです。一方、この曲をよく知っている人たちは、そこんトコをちゃんと演じるかどうかを楽しみになさっているようで、なかなかツライものがあります。

私たちのハラウでは、カネ・チームは私たちだけ。女学校に侵入した男子高校生みたいな気分です(やったことないけど)。希少生物として注目度も高いので、出番が近づくにつれ、やはり多少は緊張してきます。

それでも、いざステージに出てしまうと緊張は忘れてしまいます。客席を埋めた観客(98%女性)の皆さんの温かい声援のおかげで、気分良く踊ることが出来ました。今回は練習どおりの結果が出せたと思います。

いろいろなチームのフラを観ることが出来て、楽しい一日でした。

フラは楽しいですよ。ハワイからの大切なギフトです。あなたも始めて見ませんか。

年代物のハンドミキサー


Post-336時たま、料理を作ったりするもんですから、調理用具にチョット興味があります。先日、カタログのバーミックスなんかを見ながら、「ハンドミキサーが欲しいなあ」とつぶやいたら、「実家に使ってないのがあるから、もらってあげるよ」と、ウチの奥さん。その後、実家に行く機会があって、もらってきてくれました。

見るからに年季が入っているので、いつ頃のものか聞いてみたら、はっきりしないけど30数年前、幼児(?)の折に使った覚えがあるとのこと。箱を見ると、イリノイ州シカゴのSunbeam Appliance Companyという会社の製品です。

さらによくさらによく見ると、箱の角に「3-52 AVOCADO」と書いてあります。明らかに「AVOCADO」は製品のカラーを示していますね。でも、当時、「このミキサーの緑色は、アボカドという果物の色である」ということをわかる人はほとんど居なかったでしょうね。

今のところ、使い道は休日の朝、ホットケーキを焼くときに、卵白をあわ立てて混ぜる(ホットケーキがふんわりとなる)のに使っているくらいです。せっかく30数年の眠りから覚めたのですから、せいぜい活用させてやろうと思っています。

フラ・クリスマス会


Post-335私の体調不良に関して、温かいお見舞いのお言葉、ありがとうございました。おかげさまで、だいぶ調子も良くなってまいりました。

さて、私の通っているフラ教室のクリスマス会がだんだん迫ってきました。春に行われるホイケは全国からメンバーが集まる大規模な発表会なのに対し、クリスマス会は比較的こぢんまりしたアットホームな催しなのですが、それでもステージはステージ。しっかり準備しなくてはなりません。

Kaneグループの今回のメレはThe Brothers CazimeroのNa Menehune ‘Ekoluです。あまりメジャーな曲ではないようですね。曲のストーリーは、

3人のメネフネが、マカヒプウという山のてっぺんを切り崩したくなってスコップで掘り返すのですが、鶏が鳴いて朝になったので、帰らなくてはならなくなります。

怒ったメネフネ達は、朝を告げる鶏を捕まえて食べてしまいます。

次の日、コレで安心と山を崩していたメネフネ達は、今度はカラスに追いかけられます。

そうこうしているうちに、メネフネ達が悪戯をしないように、神様がマカヒプウの山頂に槍を突き立てます。それで、山のてっぺんは守られました。

曲のあらすじを教わって、こう理解しているのですが、細かいところでは(もしかしたら大きな所でも)間違えているかもしれません。この中にどんな教訓があるかと言えば…、これが無いのですね。他愛のない可愛いお話。でも、もしかしたら隠されたKaonaがあるのでしょうか。 鶏を食べるとか、槍を突き立てるというところがちょっと怪しいかも。

今回も赤と黒のはっきりした派手なコスチュームです。馬子にも衣装。これで見てくれはごまかせるとしても、踊りは誤魔化せません。今日もレッスン日です。幸い体調も戻ったので、これからレッスンに行ってしっかり練習してきます。