モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2006年8月

クアアイナ(8月3日)


Post-257シュリンプ屋台を後に、クアアイナを目指します。お店の前にクルマを停めて、さあ、入ろう、とすると、まだ開店前。ドアには “OPEN DAILY 11 TO 8” とあります。11時まで間もないのでお店の前で待つことにしました。実は、ハレイワのクアアイナに来るのは今回が初めて。ちょっと楽しみです。

お店のお店の前のテーブルです。日差しが明るくて、日陰とのコントラストが美しいです。ここで待っているうちに、陶芸もたしなむウチの奥さんは、テーブルの上のあるものに芸術的興味を感じたようです。

グリーングリーンのタバスコが、抜けるような青空をバックに明るい日差しを受けています。キャップの赤がポイントになっていますね。(写真の内容を言葉にしただけやなあ)
撮影:ame妻

そんなことそんなことをしてるうちに11時になりました。さっそく入ってアボカドバーガーを注文し、お店の中で待ちます。店内はまだまだガラガラ。壁のサーフボードのディスプレイもすてきです。

“Ame~”と呼ばれて、To go にしてもらったアボカドバーガーを受け取ります。お姉さん、これから始まる忙しい一日が気に掛かるのか、愛想が無かったです。目も合わさずに紙袋を渡してよこしました。わかるよ。人気店は大変だね。

シュリンプシュリンプとアボカドバーガーをゲットし、この道を通ってハレイワ・アリイ・ビーチパークに向かいます。さあ、これから木陰のベンチでランチです。

エビ屋台(8月3日)


Post-256ハレイワに着き、さっそくシュリンプ屋台に向かいます。ところが、やけにひっそりしているなぁ、と思ったら、お目当てのジョバンニは開店前でした。 :emojiface_coldsweat:

でも、前回来たときにはジョバンニだけだった広場に、ワゴンが増えています。そういえば、昨日Azureさんが「あそこにエビの屋台が増えたよ」って言ってたなあ。


隣ジョバンニのすぐ隣に、「ここまでパクッてええんやろか!?」というワゴンがありました。こちらはすでに営業中。同じような古びたクルマに落書きがいっぱい。見た目でちがうのはクルマの向きくらい。日本だったら、「不正競争防止法」に引っ掛かりそうです。


ちょっとちょっと引っ掛かりつつも、ジョバンニは前にいただいたことがあるので、営業中のお店でシュリンプを購入し、To go にしてもらいました。「不正競争」の片棒を担いで、しっかり落書きもしてきました。試食レポートは後ほど。それから、写真は撮り忘れたのですが、このワゴンの隣に、もう一つお店が出来ており、あの広場に、3つのお店が出現していました。

カフクのエビ屋台も行ってみたいのですが、時間が無いので、それは次回のお楽しみに残しておきましょう。包んでもらったエビを持って、次の目的地、クアアイナに向かいます。

ハレイワへ(8月3日)


Post-255この日は午後から夕方にかけて、予定が決まっていたので、ドールパビリオンでカットパインを買ったら、早速ハレイワに向かって出発です。ウチの奥さんは、パイナップルトレインに興味が大ありだったのですが、今回はあきらめました。ハレイワでは、シュリンプとアボカドバーガーでお昼を取り、ひとときをビーチでのんびりすごす予定です。

遠くに海ドールを出ると、土が赤くなり、空も広くなるのにつれて、気持ちまで大きくなってきます。道がまっすぐ延びて、遠くに海が見えてくると、さあ、もうすぐです。

トップの写真は、ハレイワの町とバイパスが分かれるロータリーのところのルート表示だったと思います。私が運転している間、ame妻がすかさず撮影しました。

ドール・プランテーション(8月3日)


Post-254ノースに向かう人がみんな立ち寄るドール・プランテーション。私たちも美味しいパイナップルを求めて立ち寄りました。

駐車場に向かう分離帯にもパイナップルが植えられています。パイナップルが鈴なり。これは観賞用なんでしょうか。ちょっと小さめです。

試食みむらさんのブログに書かれてあったように、建物の中が広くなっているのに驚きました。ちょうど、パイナップルカッターの実演販売をしていて、カットしたパイナップルが配られていました。残り少なかったのですがふた切れゲット。申し訳ないことに、パイナップルカッターがどんなものだったか、まるで見ておりません。パイナップルを持って立ち去る私の後姿がチラリと写っています。

後姿後姿だけでは残念なので、建物の前で記念撮影をしました。パイナップルに敬意を表して、このような姿になりました。

この樹見納め?!(8月3日)


Post-253朝、ラナイで朝食を取ったあと、ノース・ショアを目指して出発します。今日は、ノースでワゴンのシュリンプとアボカド・バーガーのランチを食べて、海辺でのんびりする予定です。

その途中、大好きなモアナルア・ガーデンに立ち寄ります。かつては「典型的な日本人向け観光ポイントだろう」とちょっとバカにしていたのですが、実際に訪れて、その素晴らしさに一発でまいってしまいました。

モンキーポッドが何本も威容を誇っています。足もとはふかふかの緑の絨毯。いつもここに来ると靴を脱いで裸足になり、感触を楽しみます。

花ちょうど、モンキーポッドの花が咲いていました。もうちょっと大きな写真はここをクリックしてください。大きな体に似合わず、可憐な花です。

この公園(私有地だそうです)が売却されて、開発のため、木々も伐採されてしまう、という気になる噂を耳にしました。そんなことになってしまったらとても寂しいです。間違いであって欲しいのですが…。

(やめりゃいいのに(やめりゃいいのに、蛇足)
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、モアナルア・ガーデンのトイレの個室にはドアがないんです。ここだけじゃなくて、ビーチの公衆トイレなどにもこのパターンがあります。犯罪防止のためだそうですが、効果あるのかな?ame妻によると、Wahine用も同じだとのこと。何事も経験、と、実際に使用して見ました。自らの存在が外部から用意に認識出来るよう、思わず足を突き出してひと時をすごしました。

合宿


Post-252土曜の朝から、1泊2日でギター・ウクレレ教室の合宿に行っておりました。トップの写真が「そば」の理由は後ほど。

私がウクレレを習っている先生の、懇意の先生が新潟にいらっしゃって、毎年この時期にそれぞれの生徒が集まって合宿を行います。金曜の夜に集合し、土曜日に小グループごとに練習し、日曜の朝、発表会を行います(私は土曜の朝から合流しました)。場所は六日町。苗場スキー場のある越後湯沢の近くですね。合宿中は、グループ練習の他、模範演奏や(モチロン)宴会があり、自由時間に地ビールを飲みに行ったり、と、楽しい集まりです。

日頃教わる機会の無い先生に教わるのもいい経験ですし、1年ぶりに会う顔見知りのいるグループを選ぶのも楽しいです。どのグループに属するかも自由に選べます。私は、ウクレレを弾きながらハワイアンを歌うというグループにしました。


ギターギターとウクレレの奏者が集まっているわけですから、当然ハワイ度数は高いです。土曜日の夕方の模範演奏会ではフラも登場します。


宴会宴会では、新潟の方の差し入れで、「越の寒梅」、「〆張鶴」などの銘酒がいただけました。酒飲みの天国。どうもありがとうございました。で、宴会の間も趣向を凝らした演奏やフラが登場します。ステージの演奏が終わっても、会場のそこここで、ギターやウクレレの音がします。



日曜朝日曜朝の発表会も無事終わり、お昼ご飯に行ったのが、十日町のそば屋、「由屋」です。この地方の特産、「へぎそば」をいただきました。へぎそばは、つなぎにふのりを使うのが特徴で、つるつるしたのど越しと、腰のある食感が食欲をそそります。おそばが入っている器が「へぎ」です。

この合宿が終わると、夏も終わりだなあ、と言う感じです。でも、ウクレレは夏だけのものじゃないので、シッカリ練習をつづけましょう。

お宅訪問(8月2日)


Post-251飲茶の昼食後、Azureさんちにお邪魔するため、H1を西にむかいます。午後の帰宅ラッシュの渋滞にはまることなく、カポレイに到着。お宅ではお手製のケーキが待っていました。

すてきなリビングでくつろぎ、家の周囲のお花や、部屋の飾り付けを見せていただきました。ビーチ(&Azure夫妻)の写真を拝見しながら、いろいろお話。


お手製お手製のケーキ、別角度からの肖像です。


これをこれを切り分けて、椰子の木モチーフのお皿にのせ、


ホイップクリームホイップクリームをたっぷりのせていただきました。美味しいっ!おかわりしてしまいましたよ。


うれしくってうれしくって、こんな写真まで撮りました。絵がかわいいですね。(注:ホイップクリームです)


ケーキの後ケーキの後、持参したウクレレを無理矢理聴いていただいたり。楽しく過ごさせていただきました。あ、演奏は2~3分でやめましたから、みんな無事でした。ご心配なく。

名残は尽きなかったのですが、夕方が近づいてきたので失礼することにしました。

Azureさん、いろいろ本当にありがとうございました。また、お会い出来る時を楽しみにしています。

(参考)(参考)
帰り道、モアナルア公園の近くの西行の高速道路です。まだこんな混み具合でした。

飲茶ランチ(8月2日)


Post-250Marchant Streetのレインズ・ラックでAzureさんと落ち合い、初対面のごあいさつを交わしました。買い物が終わるまでちょっと待っていただいて、ランチに向かいます。

ランチは予定通り飲茶。チャイナタウンは今回パスして、ダウンタウンの中華料理店にしました。手元の資料によると、The Mandalay 。レインズ・ラックから2~3ブロックのすぐ近く、Alakea Street にあります。

天井の高い、綺麗なお店でした。5分ほど待って案内されます。さっそくいくつか注文し、まずテーブルに並んだのが5品。焼き餃子、大根餅、にら饅頭、エビ蒸餃子、エビシュウマイ。うまいことに一皿3切れずつ。エビのメニューが多いような気がしますが、なにせ、一騎当千のエビ好きが二人、普通のエビ好きが一人いるわけです。つまり、合計2001人

写真を撮るのも忘れて、危うく食べ始めるところでした。「あ、いけない。写真!しゃしん!」と気づいて撮ったのがトップの写真です。色合いがイマイチであまり美味しそうに見えないのですが、どれも美味しかったです。

ここはレジェンドのようなワゴンサービスではなく、注文を受けて持ってきてくれます。担当のおばちゃん、もとい、お姉さんは、通りかかるたびに私の銀塩フィルム一眼レフを指差しては”Nice camera!” とか何とか行って愛想をふりまきます。



このほかにもこのほかにも、エビの(またかよぅ)揚げ餃子とか、


ビーフのビーフのブラックビーンソースとかをいただいて、満足。


お話お話も弾んで、楽しくランチをいただきました。渋滞が始まる前にAzureさんのお宅に向かうため、お店を出て、アロハタワーに戻ります。駐車券にバリデーションしてもらうため、バッド・アスコーヒーでコーヒーを買いました。ちゃんとコナ100%を買いましたよ。ここのキャラクターのロバのやるせない目つきが他人とは思えず、大好きです。

アロハタワー(8月2日)


Post-249本日は、モーハ・ブログのお仲間、Azureさんとお会いする日。ダウンタウンのレインズ・ラックで待ち合わせ、その後チャイナタウンかどこかでお昼でも食べましょう、というダンドリです。

車で行くので、チャイナタウンの駐車場に入れようかと思ったのですが、考え直して、アロハタワー・マーケットプレイスの駐車場に車を停めました。ここの駐車場は初めてでしたが、問題なくたどり着けました。



駐車場駐車場の横からは、マリタイムセンターの“フォールズ・オブ・クライド”号が見えます。

まだ、午前中だったので、やや閑散と言う感じ。健康的なウェイトレスで有名なフーターズも、お客さんはぱらぱらとしか居ません。彼女たちも集まっておしゃべりしている様子。 :emojiface_heart:  健康美(?)の写真を撮ろうかと思ったのですが、やめました。


マーケット内マーケット内のお土産やさんで見かけたフラダンサースタイルの猫です。猫と言えば、去年ブログでご紹介した「シャカ・キャット」、どこかに売っていないかと探しているのですが、見当たりません。どなたかご存知ないですか?


約束約束の時刻も迫ってきたので、レインズ・ラックを目指します。最初ちょっと見つけるのに手間取りました。お店を探しているときに目にとまった、メネフネ・ウォーターのトラックです。無事、お店を見つけて買い物をしていたら、Azureさんがいらっしゃいました。(続く)

両替屋さんの食堂(8月2日)


Post-248散歩の帰り道、DFSに寄ってみました。9時開店だと思っていたのですが、「開店時刻は10時に変更します」との掲示。1時間も待つ気はないので、いったん帰ることにしました。

そういえば、「ハワイで結婚」のみむらさんのブログに「両替屋さんのカレー」についての記事がありました。いったいどんなお店か、興味があったので実地調査に立ち寄ることにしました。と言っても、DFSのすぐお隣です。

黄色い屋根の両替屋さんと書かれてありましたが、屋根が写ってません。 :emojiface_coldsweat: でも、ここのはず。ナルホド、両替屋さんと同じ建物に、食べ物屋さんがあります。

もうちょっとアップもうちょっとアップで撮ってみたのがこちら。メニューがいろいろ写真入りで掲げられています。大きい写真はここをクリックしてみてください。スプーン亭というお名前なんですね。実質本位でなかなか美味しそうです。

みむらさんのブログを読んでいなかったら、全く気づかずに見過ごしていたでしょうね。ワイキキのことをまた一つ知って、少しうれしくなりました。

ハワイ旅行二日目の滑り出しも、なかなか順調です。