Post-195休暇をとってハワイ旅行をしたときには、職場の同僚に旅行のお土産は欠かせません。それから、もちろん親兄弟。ウクレレクラスのお仲間も忘れちゃいけません。せっかく差し上げるお土産ですから、喜んでいただけるよう、限られた予算の中で知恵を絞ります。

妻の母が中国旅行から帰り、お土産を届けてくれました。何と干し松茸です。

箱の裏に印刷してある文章が、そこはかとなく面白いのです。ここにリンクさせておきますので、興味があれば見てください。たとえば、松茸の生息地域の説明はこうです。

「雲南省では、‥海抜1600~3200mの温暖地域で、‥密林の地上に生息しています。」
雲南省では、海抜3,000mの地域が「温暖地域」なのでしょうか?この高さでは森林限界を超えそうなものですが、「密林」があるのでしょうか??

「ただ微量ではあるが、きのこ類には珍しくビタミンCを含んでいます」
松茸でビタミンC補給をしようとは思わないのですが‥。

とまあ、揚げ足取ってみましたが、実はどんなものか興味津々です。「食用方法」を読むと、「水に浸す事、約20分 その後取り出し~」と、活動弁士みたいな口調で説明が書かれています。では、約20分水に浸して、今度何か作ってみましょう。

箱の封が開いていたので、他の物に取り替えて欲しいと義母がいったところ、お店の中国人のおじさんは「中身がタップリだから口が開いたんだよ!」と、切り返してきたそうです。実地に身につけた外国語(日本語)でとっさにこんな返事を返せるって、偉いものですね。