モーハワイ☆コム

カテゴリー:音楽

六日町、ギター・ウクレレ合宿


Post-805もう一週間経ってしまいました。 :emojiface_koma:
先週の金~日は、毎年恒例の六日町ギター・ウクレレ合宿でした。私はいつも通り、土曜日の早朝に家を出、午前のプログラムからの参加です。

私がウクレレを習っているT先生にゆかりのある先生方にギター、ウクレレを習っているメンバーが、8月の終わり、六日町に集合して合宿するのです。普段教わる機会の無い先生のクラスに参加したり、毎年おなじみのメンバーが集まったり、それぞれに小グループを作って練習し、日曜日の朝、発表会を行います。ウクレレ、ギター、歌、それに今年はフラのクラスもありました。東京、新潟、山梨のからの参加者、総勢70名余り。盛況です。 :emojichoki:

自主練習

土曜日の午後は、自主練習をする人あり、近くの地ビール園に行くグループありと、それぞれに楽しく過ごします。そして、夕方からは、ホテルのプールサイドでコンサートです。

プールサイドコンサート

なんといっても芸達者の集まりですから、フラ、ハワイアン、はもちろん、シャンソン、ボサノバ…、盛りだくさんです。オープンエアでの演奏は、また一味違って夏の雰囲気満点!去年は、夏の営業が終わってしまい、プールの水が抜かれていたのですが、今年は水辺でのコンサート。いい感じです。

宴会

プールサイドコンサートに引き続き、お待ちかねの宴会です。宴会場に場所が移っても音楽が途切れることはありません。まだみなさん、この時点ではおとなしく席についていますね。

銘酒

米どころ、酒どころの新潟ですから、美味しい料理に旨いお酒。酒飲みには堪えられないひと時です。おいしいお酒が進むとともに…、

デュオ

宴会の雰囲気も大いに盛り上がってきました。すでに、会場中エネルギーに満ち満ちています。

ボサノバ

けだるいボサノバを弾き語る美女と取り巻きの野郎ども。 :emojiface_glad: 宴会場のそこここで、ギターやウクレレに合わせて歌声が上がっています。

宴会後半

そろそろ宴会も後半。早めに切り上げて温泉に向かう人、まだまだ飲み足りず、歌い足りない人、それぞれの楽しみ方で夜は更けていきます。

発表会

そんな宴会の翌日ですが、皆さん、発表会ではきっちりと昨日の成果を披露します。さすが、やるときはやる集団です。

へぎそば

合宿最後のプログラムが、十日町のへぎそばの老舗、由屋での昼食です。年に一度しか食べないのですが、これなしでは合宿が完結しない、って感じに刷り込まれています。というわけで、トップの写真がへぎそばなんですよ。幹事のご苦労のおかげで、行列のできる人気のお店で大人数が待ちもせずへぎそばをいただけます。ありがとうございます。

この合宿が、私にとっての夏の終わりです。まだ、暑い日が続いていますが、もうすぐ秋らしくなるのでしょうね。楽しい合宿の終わりとともに、ちょっとさびしさが感じられる週末でした。

あわてて宿題する気分


Post-804今年は、仕事の都合で夫婦二人の休みが合わず、今年は夏のハワイ行きはあきらめました :emojiface_sad: 。そんな中、数少ないハワイイベントの一つが、フラ・グループのお仲間バンドでのステージでした。ウクレレ、ギターをはじめ、ベース、スチールギター、パーカッションまでそろった本格派のバンドが素敵な音楽を奏で、フラをリードしてくださいます。 :emojinote_eight:

8月4日、六本木のライブハウス、サテンドールは昼間から楽しいざわめきに満ちています。え、8月4日?!、そう、もう2週間も経っちゃいました。ハッと気づくともう8月も後半、遊び呆けた夏休みの最後に、あわてて宿題をする気分でブログ書いてます。

フラ

さて、お約束のフラ。それぞれのグループが美しさを競います。アラカイの先生の飛び入りもあり、声援が飛び交います。

アフリリ

カネ・グループの一曲目はアフリリ。最近習い始めたお仲間がいらして、今回がステージデビューでした。初ステージ、楽しかったんじゃないですか?

ノホ・パイパイ

中級クラス(?)3人は、お色直ししてもう一曲踊らさせていただきました。曲はノホ・パイパイ。出来はともかく、声援はタップリいただきました。たくさん撮っていただいた写真の中で、比較的そろっている瞬間を選んだ一枚から、私たちの雄姿を想像してください。

ドリンクとフードをいただきながら、ステキな音楽とフラを楽しむ。仲間と過ごしたご機嫌なひと時でした。 :emojibeer: :emojiface_glad:

ヨコハマ、上野、そしてクパオア


Post-8037月末、ヨコハマが暑い、じゃなくて熱い!
アロハ・ヨコハマをはじめ、この週末、夏恒例のハワイアンイベントが目白押しです。しかし、高齢の私としては、イベントへのフル参戦はご遠慮して、美味しそうなところをつまみ食いさせていただきました。
それにしても、アロハ・ヨコハマに行ったというのに、もう少しマシな写真は無いのか? :emojiface_koma:

ハウオリ・ハワイ

ame妻と二人で先ず訪れたのは、ココ、さとりんのお店です。残念ながらさとりん社長はいなかったけど、旧知の元モーハ・ブロガーさんが応援でお店番していたので、久しぶりにお会いしてお話することができました。ヨカッタ。その後、会場の探検に出かけます。

ガンボ

お店を見て歩いていると、おなかが空いてきました。今年はフードの出店が充実していました。ハワイじゃないんですが、グレートアジアという名の素朴なお店の料理が美味しそうだったので買ってみました。この写真はセアフォド・グンボ(何?)。私としてはシーフード・ガンボと勝手に理解しました。それとBBQチキンを買って、外の日陰に向かいます。

タイミング良く始まったエコモマイの皆さんの演奏を聴きながらランチです。デザートはトップのアサイ・ボウル。 :emojiface_glad:

コーヒー

食後もお店を物色しながら散策していると、植木屋さんでコーヒーの苗、発見。そのお店の主力商品はプルメリアらしく、コーヒーの苗はひっそりと置かれてありました。値段を聞くとなんと一つ100円。安いから二つ買おうか、と提案すると、ame妻は4つ買う、いや6つでもいいと主張します。結局4つお買い上げいたしました。それにしても安い客じゃ。

精養軒

いったん家に帰り、お昼過ぎに上野に向かいます。向かう先は精養軒です。名前は聞いていたのですが、訪れるのは初めて。周りに大きな樹木がいっぱいあって、いい雰囲気です。

ビアガーデン

こちらの屋上のビアガーデンで、ジャボンさん、エリッサさん、nickyさんたちが毎年(かな)開催している夏のビアパーティに参加させていただいたんです。他の参加者は、サーファーの妻のダンナさん(父娘)、hagiさん、ハイチュウさんご夫婦。陽の高いうちから飲み始め、遠くに隅田川の花火の気配を感じながらゆっくり飲み、語り、いやあ、楽しいひと時でした。

勢いで、今日のことも書いちゃいます。アロハ・ヨコハマの来日アーティストの一組、クパオア。昨年ハワイに行った際に聞く機会があり、それ以来、ファンになりました。彼らの演奏を、ランドマークプラザに聴きに行きました。

セッティング

1時間近く前に会場に着き、最前列の椅子をゲットしました。演奏中は写真撮影禁止。セッティングの間ならいいかな、と内心言い訳しながら撮った一枚です。
セッティングを終えた二人に近づいて、昨年、ワイキキのロイヤルハワイアンセンターのイベントで聴き、今日は楽しみにして聴きに来たんだ、と言うと喜んでくれました。

男性の声のキーが高め、一方、女性がメゾ・ソプラノと言う感じなので、二人の声域が近く、ハーモニーが素晴らしいのですよ。声にも力があって、とても魅力的です。皆さん、ぜひ聴いてください。

写真

帰りがけ、お願いして1枚写真を撮らせてもらいました。忙しい中で無理して撮ったので、ちょっとピンぼけ :emojiface_sad: 。でも、ステキな歌声を間近に楽しめて、シアワセでした。

ちょっと忙しい週末でしたが、おかげさまで無理なくいい感じで楽しめました。 :emojichoki: :emojiface_glad:

江口ヒロユキ、CD発表記念ライブ


Post-801ブログ更新をさぼっていたので、ずいぶん日が経ってしまったのですが、先月27日の水曜日、尊敬する友人、江口裕之先生のCD記念ライブに行ってきました。

江口先生については以前もブログに書いたことがあるのですが、日本人としてのアイデンティティーを大切にした英語教育を一貫して行っており、高田馬場に英語学校のCEL英語ソリューションズを設立し、当初より教育面の最高責任者とて頑張っています。このところは、NHKの語学番組トラッドジャパンの講師として、活躍の場を広げています。

もともとはプロのミュージシャンだったのですが、カントリーミュージックを歌っているうちに、英語の必要性を感じ、英語を勉強してそれが彼のキャリアとなりました。その彼が、再びミュージシャンとして再始動。その名も「江口ヒロユキ」としてCDも発表してしまいました。スゴイ! :emojiface_gesso:

赤坂のライブハウスで、アットホームな雰囲気の中でライブが始まりました。カントリーミュージックや英語と自分自身のかかわりを語りながらの歌う曲の一つひとつには、たくさんのメッセージが込められていて、まっすぐこちらに伝わってきます。

ステュウット

トラッド・ジャパンのコメンテーターであるステュウット ヴァーナム・アットキンさんもいらしていて、今回江口さんのために書いた「Country Me」という曲の説明を語ってくれました。おや、お隣はピーター・バラカンさんじゃないですか。

ライブは休憩をはさんで二部に入り、江口講師(!)らしく、カントリーミュージックに関する蘊蓄をじっくり語りながら演奏が続きます。ジョン・デンバーが爽やかに歌う Take Me Home, Country Road が、単なる望郷の念を歌った曲ではなく、一時は捨てた貧しい故郷でも、自分にとってかけがえのない土地だという、一つ屈折した気持ちが込められていることを教えられました。また、初めて知りました。上条恒彦が朗々と歌い上げる「想い出のグリーングラス 」が、故郷に戻った幸せを歌っているのではなく、死刑囚(もしかしたら南軍兵士なのかも)が、処刑の前夜夢に見た、懐かしい故郷の光景を歌った歌だということを…。

ステージにあるフィドル

ステージにあるフィドル(バイオリン)、誰が弾くのかなと思っていたら、なんとフィドラーは江口さん。おぉ、いつの間に!毎度のことながら、多彩な才能と努力に驚かされます。

カントリーミュージックの特別講義付きライブ、タップリ学びながらも、とにかく楽しいという、一粒で二度美味しいひと時でした。このところお会いできてませんが、また、近いうちに、ゆっくりビールでも飲み交わしたいと思っています。また、連絡しますね。 :emojibeer:

友人のギター演奏でリフレッシュ


Post-791新年になっても気ぜわしい日が続き、ブログの書き方さえ忘れそうです :emojiface_tear: 。そんな毎日ですが、毎月楽しみに通っているのが、六角橋近くの音楽居酒屋(?)ココペリ亭で月に一度行われる、我が高校の同期、堀尾和孝君のアコギライブ。日々の生活の中での大切なアクセントになっています。


今までは最終木曜日だったのですが、今回から第3金曜日とのこと、翌日が休日なので、この変更は歓迎です。昨日も8時過ぎに訪れました。場所は六角橋から少し先、横浜上麻生道路沿い。帰宅途中に東横線の白楽から歩いて行けます。 :emojifoot:


堀尾君

彼の演奏については、以前にもブログに書いたことがあります。とにかく、超絶技巧の素晴らしい演奏と楽しいMC。和気あいあいとしたアットホームな雰囲気が最高です。 :emojimic:

ポスター

特にハワイに関連があるお店ではないのですが、店内のディスプレイを見まわしていたら、天井にこんなポスターがありました。ノスタルジックでいい味を出してますね。

ウクレレ

小ぢんまりとしたお店ですが、小なりといえどもライブハウスなので、店内には音響装置や楽器がそろっています。それらにまじって、何故かウクレレが一本。セニーザのコンサートサイズです。マスターがハワイで買ってこられたとお聞きしました。

ライブ終了後

近隣とのお約束で、アンプ類を使う演奏は午後10時がリミット。その後は「アンプラグド・タイム」となり、みんなで演奏や歌を楽しみます。お店のスタッフやお客さんも、自身ライブ活動を行っているような人が過半数、皆さん芸達者です。私も、先ほどのセニーザを手に、堀尾君に促されては拙いながら歌わせてもらったりします。みんなの温かい雰囲気に包まれて、いい気分で歌わせていただいてオリマス。 :emojiface_glad: :emojinote_eight:

堀尾君の演奏は、You Tubeで 「堀尾和孝」もしくは「Holio」 と入れて検索するとたくさん出てきます。たとえば、お店の若手スタッフ、かずま君(美形ですぜ)とデュオの演奏はココ↓。楽しいですよ。


ソロのスーパープレイとしては、これ↓なんかどうでしょう?

http://www.youtube.com/watch?v=dPoSUywxQeE&feature=related
ぜひ、ご試聴ください。 :emojichoki:



追伸:
何人かの方に聞かれたのでご報告です。
昨年、横浜中央市場の伊豆屋さんでお昼を食べているところを日テレに取材されました。その取材にもとずくレポートが、昨日のニュース・エブリーで放送されましたが、私への取材場面は放送されませんでした。少しがっかり、大いに安堵です。 :emojiface_settledown:

久しぶりの布哇庵夜(ハワイアンナイト)


Post-758仕事に追われ、ハワイ指数不足気味の毎日が続きます。久しぶりに、新宿三丁目の布哇庵を訪れました。周りの町並みが変わっても、このお店のたたずまいは変わりません。

ドアを開けて中に入ると、木曜の夜というのに、マスターとママさんはお店の模様替え(?)の真っ最中 :emojiface_gesso: 。「いやあ、客も来ないし、ちょっと片付けしようと思ってね」と、マスター。椅子やテーブルの上に、アンプやレーザーディスク(!)が出ています。

ウクレレ

お店の奥に手早く座席をセットしてくださいます。テーブルの上にはウイスキーの水割りと軽いおつまみ。それとウクレレ :emojiface_glad: 。この日手渡されたのは、カマカのコンサート。
他のお客さんが居ないので、マスターの演奏とお話を独占できます。申し訳ないような、でも嬉しいような気分。ここ、布哇庵は、ハワイアンミュージックの超ベテラン、清水峰生さんのお店です。チャーミングな奥様がママさんとしてお店をしっかり切り盛りしていらっしゃいます。(お店については :emojion: をクリック)

マスター

マスターにギターで伴奏していただいて、ウクレレを弾きながら何曲か歌わせていただきました。いやぁ、ゼイタクな時間。でも、変な歌い方をすると、優しく、しかしはっきりと指摘してくださいます。参考になってとてもありがたいんですが、ちょっと緊張します。
このときも、「1番は良かったけど、2番の歌がちょっと怪しくなったところで、8ビートが崩れて4ビートになっちゃったよ」と、ご注意をいただきました。

「ヴァンプのあと、セブンスを入れることが多いけど、必ずしもいつも入れる必要はないんだよ。」とか、「曲の終わりに不揃いなトレモロ入れるより、ピシッと終わらせたほうがカッコいいこともあるからね。」とか、雑談の折々にも深い蘊蓄が語られます。日本のハワイアン草創期の頃のお話など、「へぇ、そうなんですか!」としか答えようのない話題が次々出て、時間のたつのも忘れます。

結局私がいた間は他の客は来ず、マスターとママさんと3人で楽しく話したり歌ったりして過ごしました。お店的には不景気な話で申し訳なかったのですが、私としてはとても楽しく過ごすことができました。でも、お客さんが何人もいて、交代しながらみんなで演奏や歌を楽しむのもこれまたいいものです。今度お邪魔する時は、ぜひそのようににぎわっていてもらいたいものです。また、近いうちに行きますね。 :emojinote_eight:

フレディ☆ミヨシさん


Post-755カイマナヒラさんのアップで、フレディ☆ミヨシさんが急逝されたことを知りました。
あまりに急な、あまりに早い悲報です。

チャーミングな笑顔と迫力の歌声。楽しいMCで皆を引きつけるエンターテイナーでありながら、普段は物静かでむしろシャイな雰囲気の持ち主でした。

短い期間でしたが、ご縁があって、ウクレレを教えていただく機会がありました。出来の悪い生徒でしたが、いつも穏やかな笑顔で、レッスンを楽しくリードしてくださいました。時々、さりげなく見せるテクニックの数々、しっかり理解する能力がなかったのが残念です。

お願いして書いて頂いたリクエスト曲のコード譜。ちょっと照れながら書いて下さった直筆サイン。大切な宝物です。

ありがとうございました。ご冥福を心からお祈り申し上げます。

Kamehameha School コーラス隊 :emojinote_eight: 、ようこそ横浜へ


Post-723LOVE HAWAII collectionという新しいハワイアン・イベントが、今日と明日、横浜の大桟橋ホールで開催されています。このイベントについては、私は、anelamihoさんのブログ :emojion: で知ったのですが、ゲストとして参加するkamehameha Schoolのコーラス隊に、ハワイ在住ブロガーのMieさんの姪ごさんが参加すると聞き、なんとしても彼らの美しいコーラスを聴かなくては、と本日駆けつけました。
Mieさんのブログは :emojion:

コーラス隊の出演は14時30分なのですが、座席を確保しようと、1時間前に大桟橋に着きました。入口のCIQエリアに入ると、制服を着た一団が。おや、Kamehameha Schoolコーラス隊のみなさんじゃないですか。これから楽屋入りなのでしょうか、楽しげな混乱と行った風情です。ちょうど修学旅行という雰囲気です。

首尾よく椅子を確保し、フラやタヒチアンを見ながら、Kamehameha School の出番を待ちます。

ステージ

ステージに110人が並び、コーラスが始まります。ちょっとした演技や身振りをしながらの楽しいステージ。曲によって、ステージ下のスペースに下りてきて、フラを踊りながら美しいコーラスを聴かせてくれます。

最初、セッティングのせいか、伴奏の楽器の音が強く、コーラスが少し聴きにくかったのですが、すぐに改善されて素敵なハーモニーを楽しませていただきました。

Lilo

もちろん、Lilo & Stich の、He mele no Liloと、Hawaiian roller coaster ride も演奏されました。聴いているみんなもノリノリです。ステージ上のコーラス、ステージ下のフラ、みんな本当に可愛いんですよ。 :emojiface_settledown:
リネル・ブライト先生

リネル・ブライト先生の力いっぱい、元気いっぱいの指揮に導かれ、素晴らしいハーモニーを聴かせてくれました。最後の曲はヘンデルのハレルヤ・コーラス。聴衆のハナホウに応えて歌ってくれた曲がベートーベン。いやぁ、素晴らしかったです。
ステージが終わって、歩きだしたところでコゲメシさんご夫婦にお会いしました。少しお話してお別れし、ショップを見ながら歩いていたら、おお、アンジェラが居る。

テレビではいつも見ているのですが、ライブ・アンジェラは初めてです。ずうずうしくお願いして写真を撮らせていただきました。快くオーケイしてくれ、カメラを構えると、 :emojicamera:

アンジェラ

思いっきり元気のいいポーズをとってくれました。なんともキュートでチャーミング。

と、いうわけで、いろいろとラッキーな一日でした。

ALICE TOKYO DOME 2010.2.28


Post-703あ、もう昨日になりましたが、東京ドームで開催されたアリスのコンサートに行ってきました。ame妻が中学生の時以来のファンで、彼らの曲の大部分を歌えるとのこと。私はそれほどのファンではないのですが、アリスの音楽は大好きです。

さて、東京駅から水道橋に向かいます。コンサートは15時から。東京ドームの最寄り駅、水道橋に向かいます。乗り換えのお茶の水駅ですでに異変を感じます。私たちより少し上、団塊の世代のご夫婦、一団がやたらに多いのです。案の定、みなさん水道橋で下車します。ホームは、私たちを含め、おじさん・おばさんであふれそうです。

階段

水道橋駅から陸橋を渡り、東京ドームに向かいます。階段を上る団塊世代の人たち。
ステージ

私たちの座席は内野2階席。センターのバックスクリーン前に設置されたステージは遥かかなたです。周りからは、新潟から来た、和歌山から来た、などと話しているのが聞くともなく聞こえてきます。
向かい側

開演までの時間に、向かいの内野席も撮ってみました。聴衆は4万人以上、ほぼ満席です。コンサートの撮影・録音は厳禁とアナウンスしているので、近くに来た係員に、現時点で撮影禁止なのかと聞くとそうですとのこと。あれれ、違反しちゃった。ここでカメラをしまい込んだので、写真はこれだけです。
予想通り(予想を超えて)聞きごたえのある素晴らしいコンサートでした。15時に開演し、途中休憩をはさんで終わったのがなんと20時過ぎ :emojiface_gesso: 。肩の力の抜けたMCと、力強い歌と演奏を堪能いたしました。いやあ、素晴らしかったです。行ってよかった。 :emojinote_eight: :emojiface_glad2:





ひさしぶりに布哇庵 :emojiwine:


Post-700昨晩、ウチの奥さんは会社の飲み会だったので、夜は自由行動となりました。このところ仕事に追われてハワイ不足の毎日なので、久しぶりに新宿三丁目の「布哇庵」に行きました。
お店のホームページは :emojion: です。

ドアを押してお店に入ると、先客がお二人。今晩はマスターはお休みのようです。
「お久しぶりです」いう私の声にかぶせるように、「あら、いらっしゃい」とママさんが歓迎してくださいました。まる一年ぶりなのに、先週も来たんじゃない、っていうくらいの気安さです。

ウクレレ

お店の奥の壁際にはたくさんのウクレレがぶら下がっています。もちろんオブジェではなく、楽器として置いてあり、自由に手にとって演奏することができます。 :emojinote_eight:
演奏

小ぢんまりとした店内、壁際にぐるっと席が設けられ、真ん中には譜面台とマイク。マスターや当番 :emojiface_glad: でいらっしゃるベテランミュージシャンがギターやスチールで伴奏してくださるので、生音をバックに歌うこともできます。カラオケも置いてあるようですが、一度も聴いたことことありません。 :emojiface_delicious:
楽譜

居合わせた客も、ウクレレで伴奏に参加したりします。ややこしいコードが出てきたら、そこは弾くのをやめて歌を聴いていればいいので、ごくお気楽。カラオケみたいに他人が歌ってる間、自分の曲探しに没頭するなんてことがないのがいいですね。ごく自然に一緒に音楽を楽しみます。

先日誕生日を迎え、一歳年齢を加えたワタシもここでは若手 :emojiface_gesso: 。マスターもママさんも、もう、あまりあくせくお店を宣伝しようという気は感じられないのですが、かと言って敷居が高いお店では決してなく、だれでも大歓迎してくださいます(これ、ホント)。日本でのハワイアンの歴史を直接見てこられたお話が聞けて興味深いです。30代、40代のアナタなら超若手。レトロなハワイアンを味わうのもいいですよ。ドアひとつ隔てただけで、新宿の喧騒は1000キロぐらい遠くに行っちゃう感じです。 :emojiface_glad2: