モーハワイ☆コム

カテゴリー:'08年8月ハワイ旅行

溶岩と星のツアー後半~衝撃の… ’08 Hawaii (24)


Post-601ボルケーノを後に、いったん山を下りてオーシャンエントリーを目指します。

ドライブの間、しんやさんのトークは好調に途切れること無く続きます。ツアー参加者の一体感も良く、楽しい行程でした。ご一緒したグループは、おばあ様を中心に、3?家族の3世代9人様のグループ。元気のいいお嬢さん(もしくはお嫁さん)ご夫婦がツアコン役をこなしてグループを取りまとめていらっしゃいました。

Cafe100さて、しんやさんのウンチクは自然、地理、歴史、地学、天文とまさにオールラウンド。そろそろ夕食の時間が近づいたころ伺ったのが、ヒロのCafe 100(カフェ・ワンハンドレッド)のお話です。 :emojiknife:

いろんな種類のロコモコで有名なお店ですので、名前は聞いたことがありました。でも、今回初めて店名の由来を知りました。

私は、メニューの多さを誇ってつけた名前かな、などと根拠もなく想像していたのですが、実は創業者のリチャード・ミヤシタさんが、あの有名な第100歩兵大隊に所属していたことにちなんでつけた名前だそうです。復員してお店を開いてからも、いろいろ苦労を重ねて今があるというお話を伺いました。今回、お店に行く機会はありませんでしたが、ツアーの夕食がその Cafe 100 のお弁当ということで、とても楽しみです。

オーシャンオーシャンエントリーの近くに到着し、ツアーバスを降りて溶岩の上でお弁当の夕食です。所々の高台に樹木が残っていますが、その周りを埋め尽くす溶岩の迫力。ハワイの自然の荒々しさを目の当たりにしながら頂く Cafe 100 のお弁当。格別の経験でした。

ところで、お弁当を頂きながらも、周りのあまりの静けさに強い違和感を感じていました。見渡しても水蒸気が見えないんです。これからどこまで行くのかな?

食事を終えて、ツアーのメンバーが集められます。しんやさんの口から発せられた言葉。

「えー、オーシャンエントリーはこの近くだったのですが、今朝がた、溶岩の流出が止まったということです。私たちガイドとしましても、ただいまこの状況を受け止めかねている現状です」

えええええええっ :emoji!!: :emojiface_gesso: :emojiface_gesso: :emojiface_gesso: :emojiface_gesso: :emojiface_gesso:
何ということでしょう。何か月も止まることなく続いていた溶岩の流れが、まさに今朝、止まってしまったということなのです。 :emojiface_coldsweat:
(2008年8月6日、水曜日)

ハワイの神話を読んでいても、ペレ様の気まぐれに翻弄される人間のお話がたくさん出てきますが、私たちもその気まぐれの対象となるとは…、何とも光栄なことです。同じ気まぐれでも、焼き殺されないだけよかったかも。 :emojifire: :emojing:

とにかく、気を取り直して溶岩の上を歩いてオーシャンエントリーが見えたところまで行くことにしました。フラッシュライトを手に、できたばかりの溶岩台地を慎重に歩きます。

エントリー無し本来ならば、真っ赤なオーシャンエントリーが写っているはずの写真がこれです。同じ所で月を入れてしんやさんに撮っていただいた写真がトップの写真です。はるばる来たなぁ。

さて、今回のハワイ島のクライマックスはこの「エントリー無し」の瞬間だったと思います。楽しみにしていたオーシャンエントリーを見られなかったのは残念ですが、負け惜しみではなく、いい経験だったと思います。人間の都合に合わせてくれない自然の大きさを身をもって思い知りました。一日、いろいろな経験を通してハワイ島の大きさを味わうことができました。

この日のツアーはまだ続きます。しんやさんは、このあとも参加者を楽しませようと本当に頑張って、雲の切れ目から素晴らしい星空を見せてくださいました。しんやさんをはじめ、「マサシのネイチャースクール」の皆さんには本当にお世話になりました。また、ツアーをご一緒させていただいた皆さんも気持のいい方ばかりで楽しく過ごすことができ、感謝です。

2008年ハワイ旅行、日程はあと少し残っているのですが、旅行記としてのアップはこれでおしまい。なんとか2008年中に書き上げることができました。お付き合いくださった皆様、ありがとうございました。 :emojiface_glad:

溶岩と星のツアー前半 ’08 Hawaii (23)


Post-600夏休みのハワイ旅行について書き終わらないうちに冬休みになってしまいました :emojiface_gesso: 。これではイカンので’08年ハワイ旅行のハイライトについて、今年中のアップを目指します。

このハワイ旅行のハイライトが、マサシのネイチャースクールの「溶岩と星のツアー」に参加することでした。1年前のヨコハマ・ハワイイフェスティバルのクイズ大会でいただいたツアー招待券を利用させていただくチャンスがようやくやってきました(感涙)。 :emojiface_tear:

今回のガイドはしんやさん。私たちが最初のピックアップだったので、ちょっとクルマに弱いame妻は、幸運にも助手席をいただくことができました。カイルア・コナで私たち2名、ヒルトンワイコロアで9名を乗せ、2組11人のツアーが出発です。


月下美人ハワイ島は広大です。一日のツアー中にも、お天気や気温は大きく変化します。これは、明るい太陽の日差しの下で咲く月下美人(ん?)。


テックスワイメアを過ぎてしばらく行くと雨になりました。途中、テックス・ドライブインにて休憩。


マラサダマラサダは初体験だったので、いただけるチャンスがあって嬉しかったです。各自一コのマラサダがツアー料金に含まれています :emojiface_delicious: 。素朴な甘さで美味しかったぁ。


カナカオレ雨のハマクア・コーストを走り抜け、雨のヒロに入ります。途中、50年代がテーマのドライブインとか、ハワイ一小さい郵便局とか、面白いものがあるたびに説明していただけるので、ドライブに飽きることはありません。雨をとおして、メリーモナーク・フラ・フェスティバルの会場となる、エディス・カナカオレスタジアムが見えました。憧れの場所ですが、今の時期は本来のテニスコートとして使われているんでしょうね。


ビッグアイランドさて、もうひとつ楽しみにしていた立ち寄り場所、ビッグアイランド・キャンディーズの工場とショップです。住宅地のようなところに入ってしばらく行くと、こんなシックで立派な建物が現れます。


作業中みなさん、よくご存知のとおり、お店に入るところで小さなカップに入った試食品を渡されます。それを食べながらショッピング。それ以外にも、試してみたいお菓子があれば、どれでも試食できます。ガラスの向こうでは、手作業でクッキーにチョコレートを付けています。カメラを向けると、歩いていたお兄さんが、作業中のおばさんに「ほれ、カメラの方を向いてやれよ」とでも話しかけた様子。でもおばさんは忙しいので相手にしません。すると、お兄さんがこっちに向かって笑顔でシャカサインを送ってくれました。ビッグアイランド・キャンディーズでビッグ・スマイルを貰いました。 :emojiface_glad2: (写真をクリックしていただくと、お兄さんのアップになります)


ラヴァチューブ前たっぷりお土産(自分用を含む)を買い込み、するめチョコレートに関して議論を闘わせながらツアーは進みます。ボルケーノに入り、まずはサーストン・ラヴァチューブ。ボルケーノに来た事はありましたが、ここは初めて。ガイドのしんやさんは疲れも見せずに説明をしてくださいます。ホント、「マサシのツアー」の皆さんはスーパーマン揃いです。


ラヴァチューブラヴァチューブに向かう途中、ame妻がおずおずと「あの、ラヴァ・チューブでオーラが見られると聞いたんですが…」と聞くと、しんやさん、こともなげに「オーラ、見たいですか。いいですよ。ご説明します」と応えます。えええ、そんなに簡単に見えるものなの?!はたして、チューブの中でオーラの見方を教えてもらうと、ame妻はばっちり見えたと興奮しています。私はというと、コンタクトレンズのせいで手元に焦点が合わないので、見えたような、見えなかったような…(多分、見えてませんね)


ハレマウマウ火口ハレマウマウ火口の展望台で、お約束のポーズで写真を撮っていただきました。これからいったん山を下りて、オーシャンエントリーに向かいます。ラバチューブのあたりから、雨も上がり日差しも出てきました。さあ、期待が高まります。(続く)

Tante’s Restaurant ’08 Hawaii (22)


Post-587カイルア・コナのアリイ・ロード沿い。タンテズ・レストランで夕食です。
早めの時刻だったので、海に面したテーブルにつくことができました。涼しげな風が吹き通る、オープンエアの素敵なお店です。


店内店内はまだガラガラ。この日は、席の半分ほどが貸し切りとなっていました。お誕生日パーティの飾り付けがされています。どうやら地元の家族親戚のパーティがあるようです。 :emojibirthday:


シュリンプ・サリサリさて、エビ好きのame妻が注文したのは、Shrimp Sari Sari。サリサリが何か分からないまま、シュリンプに惹かれて決定。

メニューの説明によると、シュリンプとポークを、グリーンピース、カボチャ、オクラ、ブロッコリー、ナスなどと一緒にガーリックバターでソテーした、タンテズの人気料理、とあります。家庭的で素朴な味付けがおいしかったです。


フライドライス選べるつけ合わせは、温野菜とフライドライスをチョイス。このフライドライスもなかなかグッドでした。


私の私の選んだのは、Curried Mango Glazed Chicken。カレーでマリネしたチキンをマンゴチャツネのたれで焼いた、とのこと。付け合わせはマッシュポテトにしました。ポテトも良かったけど、フライドライスのほうが正解だったかな。


マッドパイ食事をおいしくいただいた後は、デザートです。Kona Coffe Mud Pieというのが美味しそうなので注文しました。ウェイトレスの女の子に、「どのくらいの大きさ?」と聞いてみたら、「二人で食べるのにちょうどいいと思うわ」とのこと。この子、あんまり笑顔をふりまいたりしないのですが、愛想が悪いわけではなく、食べ物をサーブしたり、こんな質問に答えてくれたりした時に、「にっ :emojiface_glad2: 」と笑います。それが素朴でなかなか良かったです。

出てきたものは大きなアイスクリーム。二人でたっぷりといただきました。美味しかった。 :emojiface_glad:


お誕生日クイーン賑わってきたところで、店内の様子も撮ってみようと一枚パチリ。お誕生パーティの主人公(お祝いの髪飾りをつけた女の子)が気づいて手を振ってくれています :emojibye: 。ちょっとピンボケなのが残念。ちなみに、左上の隅に写っているのはame妻です。

久しぶりのハワイ島、初日の夕食は大アタリでした。

カイルア・コナ散策(Honuもいたよ) ’08 Hawaii (21)


Post-585UCC Hawaii 訪問も無事済ませ、Kimura Lauhala Shopに立ち寄った後は、一路カイルア・コナを目指します。

UCCの三木さんに教わったとおり、180号線からHualalai Rdに入り、途中で左折してLako Stに入ります。眼の下におだやかな夕暮れの光景が広がります。坂道を下りおりると、あっという間にカイルア・コナに到着です。

駐車場に車を入れ、アリイ・ロード沿いをホロホロと散策。途中、人が集まって海を覗きこんでいるので見てみると、


Honuすぐ眼の下にHonuがいました。 :emojiface_glad: 波に振り回されながら、平然と(多分)泳いでいます。


マント町の端っこまで来たので、King Kamehameha’s Kona Beach Hotelに入ってみました。ハワイ王朝ゆかりの絵画や品物が、そこここに展示されています。これは、鳥の羽を集めて作られた、見事なマント。


帽子同じく、鳥の羽で飾られた…なんでしょう。帽子?ヘルメット?


AliiRdお土産店などを覗きながら散歩を続けます。でも、なんか街がちょっとさびしい感じ。前回訪れたのは2月でした。8月はオフシーズンなのかな?アリイ・ロードも人通り少な目です。


コナ・イン・ショッピングビレッジコナ・イン・ショッピングビレッジです。まだ日の入りには間があります、賑わってくるのはこれからかもしれません。

少し早いのですが、夕食をいただくことにしました。さすがにちょっと歩き疲れたので、パパっと決定。アリイ・ロード沿いのTante’s に入りました。


海際海際の席をゲット。さあ、何を食べようかな。 :emojiface_glad2:

KIMURA LAUHALA SHOP ’08 Hawaii ⑳


Post-584UCCの三木さんにカイルア・コナ方面への近道を聞きました。180号線を南に進んで、ホルアロア・ロードに入る道筋を教わりました。
「で、180号線との分岐のところに、キムラ・ラウハラショップがあります。そこを大きく曲がって…」
なんですと、キムラ・ラウハラショップは以前から興味があるお店だったんですよ。じゃあ、帰りに立ち寄ってみよう。

三木さんは「すぐですよ」とおっしゃいましたが、ビッグアイランドの「すぐ」は、日本人旅行者にとって「けっこう」な距離でした。ちょっと心配になったころ、KIMURA LAUHARA SHOPが見えました。

お店の前にクルマを停めてお店に入ります。メインはもちろんラウハラ細工。外に向いたショーウインドウにはラウハラの帽子がたくさんディスプレイされています。


バッグ壁際には、ラウハラでできたバッグがたくさんあります。どれも手作りで人気の高い品物ですね。大事に使い込んでいったら、さらにいい味が出そうです。


ブレスレットなどラウハラ細工がメインですが、コアのブレスレットなどもあります。ココにも帽子がありますね。


小モノ小銭入れなどの小物もいろいろあります。


看板ところで、ラウハラとは、パンダナス(Hala、日本ではタコノキ)の葉っぱ(Lau)という意味で、いろいろな細工ものに利用されてきたようです。よく見ると、お店の看板にもタコノキのシルエットが書かれていますね。

何か買って帰りたいと思っていろいろ見たのですが、荷物の量が心配で… :emojiface_koma: 。かさばらないものを探して、結局ランチョンマットにしました。これならどこにでも入る。

おばあさんお店のおばあさんが、いろいろ話しかけて教えてくださいます。近くに日系人の歴史が展示されているところもあるようです。ラウハラの扱いも詳しく説明してくださいました。ランチョンマットなので、水にぬれても大丈夫か尋ねたのですが、

「汚れたら水洗いして、水を拭きとったらタオルを当てて火熨斗をあてなさい」
ひ、火熨斗ですか?
「そう。日本の人がアイロンなんて、おかしいよね」とおっしゃって、いたずらっぽく笑います。

皆様、火熨斗ってご存知?私も最近久しぶりに見かけたので写真に撮っておきましたコレです :emojiface_glad:
(その後調べ直したところ、コレのモデルは、火熨斗というより、炭火アイロンとしたほうが正確なようです。でも、面白いのでこのままにしときます。-誰かのマネ)

ハワイ島もなかなか順調な滑り出しです。では、いったんホテルに帰って、カイルア・コナ散策を楽しみましょう。

UCC HAWAII訪問 ’08 Hawaii ⑲


Post-583ブログが滞っていることのイイワケは書かないようにしていたんですけど、さすがに空きすぎですなあ :emojiface_koma: 。この調子だと、旅の思い出が今年中に終わらない気がしてきました。とにかく、ひとつづつ、アップしていきます。

と、言うことで、荷物を片付けたら、さっそくハワイ島での活動開始です。

今回、UCCハワイの焙煎体験ツアーを申し込んだのですが、ちょうどケアラケクアのショップの閉店直後で、焙煎ツアーはしばらくお休みになるとのこと。残念ですが、焙煎は次の機会ということですね。

移転についての詳しいメールをUCCの三木さんから頂きました。三木さんはテレビのいろいろなハワイ情報番組でよくお見かけする有名人ですが、私はこの方をイルカ合宿(2002年8月)での「ケアラケクア湾泳いで往復疲労困憊仲間」のお一人と勝手に位置づけています。翌年、2003年の新婚旅行でお会いして以来ですから、今回、お会いできれば5年ぶりということになります。再会を楽しみに、UCCハワイ農園に向かいます。


コーヒーの木到着して、三木さんがいらっしゃるか聞くと、ちょうどコーヒーの説明を始めたところとのこと。さっそく合流して、ほかの2家族と一緒に三木さんの軽妙な説明を楽しくうかがいます。

ここで、定番のクイズ。「コーヒーの木一本から、カップ何杯分のコーヒー豆が採れるでしょう?」

答えは、ぜひハワイで直接三木さんから教えてもらってください。


熟した豆熟したコーヒー豆は、このように赤く色づきます。コーヒーチェリーと呼ばれるのも納得。熟した豆を選んで手で摘んで収穫します。


生豆赤い果皮は食べると甘い!果皮の中から、きれいなコーヒー豆が出てきます。これを洗浄し、乾燥させると、コナ・コーヒーの生豆の出来上がり。その後、焙煎してミルで挽き、ようやく一杯のおいしいコナ・コーヒーがいただけるわけですね。 :emojicup:


コーヒーアイスコーヒー・エステートは、コナ・コーヒーの生育に適した高台にあるので夕方には涼しくなってきます。Vogのため、残念ながら視界はちょっと霞んでいましたが、美味しいコーヒーを頂きながら、何を買って帰るかあれこれ相談するのも楽しいものです。

コーヒー豆、チョコレートなどを買い込み、クーポンを遠慮がちに(うそ)提示して、クーポン・サービスのコーヒー・アイスを頂きました。これがまた、美味しい!日本まで持って帰れないのが残念。


記念撮影記念撮影をして、失礼をいたしました。私、頭から椰子の木が生えて、ゴーちゃんみたいですな。帰り際には、お店もそろそろ閉店のお片づけタイム。そういえば、前回ファクトリー・アウトレットを訪れた時も閉店間際の滑り込みでした。今回もなんとか間に合ってお会いできたのはラッキーでした。

この次は、ぜひ焙煎ツアーに参加したいと楽しみにしています。 :emojiface_glad:

リゾートクエスト・コナ・バイザシー ’08 Hawaii ⑱


Post-581忙しさにかまけ、ブログアップが最近ちょっとおサボり気味 :emojisweat: 。ハワイ島のアコモのご紹介で復帰することにいたします。

今回泊まったのが、リゾートクエスト・コナ・バイザシー。カイルアコナのアリイ・ドライブ沿い。初めてのところなので、大きな期待とちょっぴりの不安を胸に、一路向かいます。 :emojicar: :emojidash:

海に面したコンドミニアムですが、岩場なので海には入れません。海に面したプールを囲むように、低層の建物が建てられており、ほとんどの部屋がオーシャンフロントです。 :emojiwaves:

小さなフロントでチェックイン。2時前でしたが、すぐにKeyを渡されました。


荷ほどきまずは部屋に入ってスーツケースを開けます。これからしばらく、この部屋が住まいとなります。















リビングちょっと年季が入っている感じは否めませんが、広くて快適なリビングです。








プールリビングの突き当たりには広いラナイがあり、プールと海が目の前に広がっています。









カウンター振り返ると、カウンターの向こうにキッチンがあります。










キッチンキッチンは大きなフル・キッチンです。必要なものはほとんど揃っています。 :emojiknife:









ベッドルーム廊下をリビングと逆方向に進むと、ベッドルームがあります。落ち着いた雰囲気で、なかなか良い感じです。








バスルームほぼ同じ大きさのバスルームが二つあります。大人数で宿泊する場合には便利ですね。

街の喧騒をはなれた落ち着いた雰囲気がなかなかグッドです。のんびりした、ゆる~い時間が流れている感じです。スタッフもフレンドリーでいい感じでした。ちょっと古さは感じさせるものの、いいところでしたよ。私たちは、気に入りました。

さて、ハワイ島で行きたい所はいろいろあります。一息入れたら、活動開始です。 :emojicup:

ハワイ島に移動、昼食 ’08 Hawaii ⑰


Post-580ギター・ウクレレ合宿の話題をはさみましたが、ハワイ旅行記を続けます。

さて、8月5日、ハワイ滞在4日目にしてオアフ島からハワイ島に移動です。返却するレンタル携帯をフロントに預けるのを危うく忘れそうになる、といった小さなドタバタが出がけにありましたが、無事チェックアウトして空港に向かいます。インターアイランドは自由席だから、早めに行って、左窓側をゲットしようという魂胆です。

ところが、

ハワイアン・エアーは指定席でした。すでに常識なのかもしれませんが、アタシは知らんかった。ちょっとがっかりです。 :emojiface_tear:


待合室早めに着いちゃったので、待ち時間たっぷり。小さな音でこっそり(どこが?)ウクレレ弾いたりして時間をつぶします。

いよいよ5年ぶりのハワイ島上陸です。今回の旅行の目的の一つは、マサシのネイチャースクールのツアーに参加すること。空港からレンタカーでネイチャースクールのオフィスを訪れます。

折よくまさしさんがいらっしゃって、いろいろお話を聞くことができました。写真を撮り忘れたので、ネイチャースクール近辺の写真がありません。残念!お昼休みの時間帯にお邪魔したにもかかわらず、快く歓待していただきました。 :emojiface_glad:


パトカーおなかも空いたので、まずは腹ごしらえ。ネイチャースクールのあるフリコア・ドライブを下り、クイーン・カアフナムロードとの交差点にあるショッピングセンターにクルマを入れます。

駐車場にパトカーが停まっています。お巡りさんが食事をする所なら、安全でおいしいに違いない、ということで、マツヤマ・ストアの隣にある、パイントゥリー・カフェに入りました。


警官数人のお巡りさんがお昼をたべていらっしゃいました。う~む、皆様、見るからに屈強そうです。


POLICE食事を終えてパトカーに向かう後姿。これを見たら、ハワイ島で悪いことできそうにないです。(見なくてもしませんけど)

さて、お昼は、ホワイトボードに手書きされていた、サーモンソテーのプレート(トス・サラダ付き)にしました。サーモンの味付けも良く、生野菜も新鮮で美味しかったです。ここ、ネイチャースクールのナオミさんが「食うべしハワイ島・場外乱闘編」でシュリンプバーガーを紹介されているお店だということに、あとから気づきました。ここのシュリンプバーガー、美味しそうで気になっていたのに、当のお店に行きながら気付かないというおマヌケさ。でもサーモンソテーもとても美味しかったので、満足です :emojiface_glad2: 。さあ、これからコナのコンドに向かいます。

帰り道で、マウイ・マイクス ’08 Hawaii ⑯


Post-577今回、ノースに行くにあたって、もう一か所行ってみたかったところがあります。それが、チキンで有名な、MAUI MIKE’S です。みんなが褒めるチキンの味を、ぜひ体験してみたかったのです。

そのお店があるのは、H2を下りてしばらくのワヒアワです。実は、ハレイワに行く途中でも立ち寄ったのですが、11時前だったのでまだオープンしていませんでした。お昼はチキンとシュリンプとテッズ・パイとモクロんでいたのですが、チキンはおあずけとなりました。


店内ということで、ホノルルへの帰り道に立ち寄ることにしました。でも、もうお腹は満腹。ココでチキンを買うと必然的に夕食はチキンということになります。「今晩は、ちょっといいレストランでも行こうか」な~んて話してたので、奥さんの視線がちと痛い。 :emojiface_coldsweat2:


チキンでも、せっかくなのでHalfのChicken Onlyを購入しました。これでレストランは無くなりました。 :emojiface_koma:

その後、ホノルルに帰り、アラ・モアナセンターで買い物。さて、夕食はどうしよう(チキンしか無い :emojisweat: )ということになり、結局フードコートで買って帰ることになりました。

せっかくだから、ハワイアン・フードにしましょう、ということで、購入したのが、ポイ・ボウルのハワイアン・プレートです。


ハワイアンプレートラウラウ、チキン・ロングライス、ロミロミ・サーモンとなぜかビーフシチュー。デザートにハウピア。これにポイがつくのですが、一つはライスにしてもらいました。


ポイ・ボウルポイ・ボウルは、私が初めてハワイを訪れた20年前には、すでにアラモアナのマカイ・フードコートにありました。改装で場所はちょっと移動したみたいですが、同じ場所でずっと営業しているのだから、スゴイですよね。ラウラウも本格的で美味しかったですよ。もちろん、マウイ・マイクスのチキンも評判に違わぬ美味でした。 :emojiface_glad2:

クーポンでドリンクとデザートをゲット ’08 Hawaii ⑮


Post-576さて、モアナルア・ガーデンを出てノースに向かいます。モアナルア・ガーデンでのんびり過ごしましたが、まだまだ一日は始まったばかり。ハレイワには11時ころ到着する見込みです。シュリンプワゴンでシュリンプ・スキャンピを買い、どこか海辺で食べるつもりですが、実はいいモノを持っているんですよ。 :emojiface_delicious:


ハレイワへH2を降り、ワヒアワを通り抜けてしばらく走ると、広々とした景色の向こうにノースの海が見えてきます。 :emojiwaves:


さあさあ、お目当てのシュリンプ・ワゴンです。2年前に来た時はジョバンニは営業しておらず、お隣のホノスのシュリンプをいただいたのですが、今回は狙い通りジョバンニも営業中。こちらの方が味にパンチがあるので好みなのです。それに、ジョバンニの、「プレートを買うとソフトドリンク無料」のクーポンを持っていたので、迷わずジョバンニに直行。


待っている待っている間に、私も落書きの新作を追加します。フィレンツェのサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂に落書きしたら大変なことになりますが、ココなら問題なし。

無事シュリンプをゲットして、ビーチへ、というところですが、その前にもう一か所行くところがあります。テッズ・ベーカリーです。


クーポン実は、7月末に開催された、ヨコハマ・ハワイイ・フェスティバルでテッズパイを買った時、サンセット・ビーチのテッズ・ベーカリーに持っていくと、チョコレート・ハウピアパイが1ピースいただけるという、こんなクーポンが付いてきたんです(画像をクリックすると大きくなります)。これは何としても有効利用せねば!という訳で、美味しそうなシュリンプの香りに空腹感を掻き立てられながら、ハレイワからサンセット・ビーチまで一走り。 :emojicar: :emojidash:


テッズ途中、豪雨となりましたが、無事テッズ・ベーカリーに到着。パイを一切れ貰うために、はるばる横浜から来ましたよ~。


お店お店の中は、案外小ぢんまりとした、素朴で懐かしい雰囲気でした。美味しそうなケーキやクッキーがショーケースに並んでいます。もちろん、有名なテッズ・パイも各種そろっています。クーポンを見せて、パイを一切れ受取ります。「クーポンを使うためにはるばる来た」わけですから、美味しそうなものに心惹かれつつも、あえて何も買わずにお店を後にします。(単にケチなだけか?)

というわけで、ランチのソフトドリンクとデザートをロハでゲット。海辺の公園のベンチで、心豊かなランチを楽しみました。めでたし、めでたし。マハロ・ヌイ・ロア :emojiface_glad2: