モーハワイ☆コム

カテゴリー:'10年8月姉とハワイ旅

モアナルア・ガーデン(4日目)


Post-762去年8月に姉といった旅行のブログ、日常に埋没して尻切れトンボに終わりそうですが、ここだけは書いておかねばなりません。大好きなモアナルア・ガーデンです。
IHOPでの昼食の後、ホテルでゴザを借り、車に積み込んで出かけました。

ハダシ

ここに来ると、裸足になって緑の絨毯の感触を楽しみます。毎回喜んでこんなことしているので、このたぐいの写真が何枚もあります。

木陰

庭園の奥まで行き、木陰にゴザを敷いて寝ころびました。頭上にある木々の葉っぱが、日の光を和らげてくれます。

ウル

まん丸のウルの実を発見。ゴザに寝転がって胸の上にウクレレを乗せ、ぽろぽろと弾いて楽しみます :emojinote_eight: 。姉はというと、隣でヨガをしています。 :emojiface_gesso:

フラマウンド

しばらくのんびり過ごした後、ぶらぶら散歩しながら帰ります。プリンス・ロット・フェスティバルのときは、このフラマウンドでフラが踊られるのでしょうね。今は仕事の関係で7月に休めませんが、リタイアしたらぜひ観てみたいと前々から思っています。
ツアーの人たちが来る時間帯ではなかったのか、短時間ですが公園を独占出来ました。青空をバックに一人静かにたたずむモンキーポッド(トップの写真)。しばし見とれてしまいました。この次行けるのはいつかな?

カメハメ・クニちゃん写真展(四日目)


Post-753ライオン・コーヒー・ファクトリーでコーヒー購入の後、ワイキキ方向に戻ります。ちょうど、Kuni Nakaiさん(カメハメ・クニちゃん)の写真展がワードのキヤノン・ギャラリーで開催されていると聞いていたので、行ってみようと思ったのです。 :emojicamera:

私たちがハワイに到着した金曜日が初日だったはずです。ワード・ウェアハウスとワード・アベニューを挟んだ向かいの建物にギャラリーはあります。ドアを開けると、“Artists in Hawaii” by Kuni Nakai と書かれた小さなボードがあり、 壁に何枚もの写真が飾られています。ハワイの美しい風景の中、ハワイを代表する人物を中心に撮られた写真です。どれも素敵な一瞬をさりげなく切り取った美しい作品でした。

居合わせた女性にフォトグラファーは来ないのかと聞いたところ、オープニングには居たが今日は来ないとのこと。残念ながらお会いできませんでした。しばらく写真を鑑賞して失礼しました。

トラック

コーヒーをたくさん買い込んだので、いったんホテルに帰ることにしました。前を行くトラックの荷室ドアになにかいろいろ書いてあります。なになに…、 :emojitruck:
警告

警告:あなたに私のミラーが見えていないなら、私にはあなたが見えていません。こんな意味ですかね。軽い居直りの気配が感じられなくもないのですが、物理学の理論にかなった至極まっとうな警告なので、車間距離をあけて安全運転でワイキキに向かいました。 :emojiface_delicious:

ライオン・コーヒー・ファクトリー(四日目)


Post-752ビーチでフラを楽しんだ後、高橋果実店のサンドウィッチで朝食をとり、買い物に出かけることにしました。明日は帰国ですから、今日一日有意義に使わないと。

前々から一度行ってみたかったライオン・コーヒー・ファクトリーに行ってみました。お店の前のサインには、“Lion Coffee Cafe & Tour Factory Center”と書いてありますね。店内にはカフェと直売店があり、日に何度か工場見学ツアーを行っています。時間が合えば工場見学もしてみたいと思ったのですが、残念ながら今回はタイミング合わず。 :emojiface_sad:

駐車場

ワイキキからだと空港に向かう方向。カリヒ地区の殺風景な工場エリアにあります。看板が出ていないと見落としそうです。お店の隣の棟が駐車場です。向こうに見える入口から、ぐぃとクルマで乗り入れます。中は巨大な倉庫そのもので、数台分の駐車スペースがあります。屋内駐車場だと思えば何の不思議もないのですが、倉庫の中にクルマを置くというのもちょっと不思議な感じでした。写真撮っとけばよかったなぁ。
駐車場

駐車場からドアを通ってカフェとショップのエリアに入ります。あ、もちろんトップの写真の道路側からも入れます。どちらかと言うと愛想の無い外見と比べ、素敵な雰囲気のお店です。今回、私たちは買い物をしただけなのですが、カウンターだけではなく、窓際にテーブルがあり、ゆっくり座ってコーヒーを楽しむこともできます。
さすが直営店だけあって、各種商品がずらり。最初はまごつきましたが、きちんと区分して陳列されているので、目指す品物もすぐに見つかります。お土産にちょうどいいミニサイズのパックがあったので、フラのお仲間用にコナ100%をお買い上げ。

もちろん、自宅用もしっかり買い込みました。値段的にビックリするほど安いか、というとどうもそうでもなさそうなんですが、工場直営店で購入、ってのが、なんとなく新鮮そうでいいじゃないですか。 :emojiface_glad:

速やかに買い物を済ませ、次の行動に移ります。

海辺でお気軽モーニング・フラ(四日目)


Post-751年もあらたまり、昨年からココロに引っかかっていた旅行記をさりげなく続けます。

今回のハワイ行きは久しぶりにJALを利用。ハワイに関して頑張ってきたJALだけあって、「わくわくアロハ計画」というJAL利用者向けのサービスプログラムがありました。(今年も継続中)いけだかさんのブログでそれを知り、利用できるプログラムを探したら、朝の海辺でフラを習うというのがありました。日程が合うのはそれだけ :emojiface_sad: だったので、迷わず申込み。え~っ、7月のプログラムには、私の憧れ、「プリンス・ロット・フラ・フェスティバル見学」なんてのもあるじゃないですか。うらやましいなあ。それにしてもJALさん、やりますね。(再建、頑張ってください :emojiairplane:

集合

早朝、ルワース通りの集合地点に集まり、時間になるとアウトリガー・リーフ前のビーチに引率されます。若い男女のインストラクターが待っていました。私以外に男性の参加者なんて居るかいな、と思っていたのですが、家族連れのお父さんらしい方が何人かいらして、チョット意外でした。
引率者からパウを受け取ります。ウチの姉貴、フラはスポーツセンターで楽しんでいるレベルですが、パウは前日にフラ・サプライ・センターで購入したお気に入りを持参。気合い十分です。

習ったのは、ハワイの自然の素晴らしさを歌った素敵な曲。振り付けもカホロ中心で、ちょっとヘラがあったかな、って程度のシンプルなものでした(既に記憶不確か :emojiface_koma: )。砂浜で踊るのは勝手が違って少しまごついたのですが、楽しく踊りました。どう見ても初めてらしいお父さんたちも、頑張って踊っていらっしゃいました。 :emojiface_glad:

115歳

プログラム終了後、インストラクターお二人と記念撮影。あわせて100+?歳のフラ・ダンサー姉弟です。 :emojiface_glad2:
JALわくわくアロハ計画 2011

maluhiaさんの歴史ツアー、おまけ (三日目)


Post-749maluhiaさんの歴史ツアー、しめくくりをつけなくては年が越せません :emojipunch:

ダウンタウンの歴史的建造物やハワイ王朝の話をたっぷりと伺ったあとは、なにか冷たいものを飲んで一休みしましょうということで、いったんホテルに戻りました。

前々から興味があったアサイーを食べたかったので、ロイヤルハワイアンセンターのアイランド・ビンテージ・コーヒーへ。首尾よく席をゲットして、一休みしました。初体験のアサイーは、程よい酸味でなかなか美味。冷たい食感が火照った体に心地良いです。

ここで、ブロガーにあるまじき失態を演じました。ホテルに戻った時にカメラを忘れて来てしまったのです :emojisweat: 。なので、アサイーボウルの写真はナシ。このあとmaluhiaさんと三人で向かったクヒオビーチ・トーチライティングのフラの写真もナシ :emojiface_gesso:

なのですが、フラの写真はmaluhiaさんからいただいた写真が一枚あり、ブログの体裁をとることができました。

この日のフラは、なんというか、なんともホノボノとしたパフォーマンスでした。大人のダンサーたちの技量に幅があり、横目で前の人の振りを見ているのが明白な方がいたり…。むしろケイキたちがしっかりと訓練されている様子が良くわかりました。若い男性のクムも、意欲が感じられて、いいステージでした。

写真の女の子、ぽちゃぽちゃとして可愛い上に、踊りがとてもしっかりしているのです。もう少しお姉さんのダンサーも素敵な踊りを見せていたのですが、しばらくすると観客みんなが彼女に注目し、カメラがみんな彼女に向くという状況。お姉さんたちにちょっと同情してしまいましたけど、短い手足でくりくりと踊る様子がダントツに可愛かったので、まあ仕方ないか。 :emojiface_glad:

maluhiaさんには本当に長時間お付き合い頂いて、とても有意義で楽しい半日を過ごすことができました。本当にありがとうございました。

フラ・ショウが終わるころ、涼しい風が吹きわたり、爽やかな夕べとなりました。明日は、JALのイベントで簡単なフラ・レッスンを受けるつもり。これもまた楽しみです。

maluhiaさんの歴史ツアー、ダウンタウン編 (三日目)


Post-748maluhiaさんの歴史ツアー、ダウンタウンに場所を移し、ハワイ王朝時代のエピソードを今に伝える建物を巡ります。

と、知らん顔をして続きを書き始めましたが、我ながらブログの滞り方が尋常ではありません。実は、会社からとある研修に派遣され、毎日、自宅学習に追われているのです。

レポート

この写真に写っているのは最近提出した課題の一部です。時事問題、事例研究、読書感想文、ことわざ、一般常識、はては漢字の書き取り、計算問題にいたるレポートを毎月提出せねばならず、毎日作成に追われているため、ブログの更新がままなりません。 :emojiface_tear:
まあ、泣き言はそのくらいにして、歴史ツアーに戻ります。まず、私のリクエストでハワイシアターに案内していただきました。

ハワイシアター

10年ほど前、伊香保のハワイアンフェスティバルでハワイ文化のレクチャーを受けたのですが、講師のクム・フラがオアフでの見るべき場所の一つとして挙げたのがここ、ハワイシアターでした。有名なホテルストリート :emojiface_gesso: にも初めて足を踏み入れます。(ちと大げさ)

州庁舎

その次に向かったのは州庁舎。ダミアン神父像をこんな近くから見るのは初めてです。

リリウオカラニ像

海側に抜けて、リリウオカラニ像。

手元

彼女の偉大な業績を示す三つのものを、像の左手が持っています。 :emojipencil: :emojinote_eight:

ワシントンプレース

少し後戻りしてワシントン・プレースを見て、

セントアンドリュース大聖堂

セントアンドリュース大聖堂にまつわるお話を伺いました。既に閉まっていたので、素晴らしいステンドグラスを見ることが出来なかったのがチョット残念。

歴史建造物

歴史ある建物が沢山あります。ハワイアンエレクトリックカンパニーのビルを眺めながら、カメハメハ大王像の方に向かいます。

キングカラカウアビルディング

カラカウア王は、王様になる前、ホノルルの郵便業務の責任者(郵便局長?)でした。というわけで、このキングカラカウアビルディングには、今も郵便局が入っています。 :emojipostoffice:

プルメリア

キングカラカウアビルディングの脇に、プルメリアが咲いていました。このプルメリアは、このつぼみの状態までしか開花しないのですが、そのかわり、とりわけ素晴らしい香りを持っています。

カメハメハ大王像

そして、カメハメハ大王像です。モデルはカメハメハ王とは違うこと。ハワイ州にカメハメハ大王像が三体あることなど、皆さんご存知ですね。

カワイアハオ教会

続いて、カワイアハオ教会とルナリロ王のお墓を訪れました。ルナリロ王は王族の墓所に入ることを望まず、自らここに墓所を定めました。ハワイ王朝にも複雑な人間関係があったようですね。

ハオの泉

ちなみに、カ・ワイ・ア・ハオとは、ハオの水という意味ですが、昔この場所に湧きだす泉があり、ハオという名の王族女性が愛したことから「ハオの泉」と呼ばれていたそうです。その泉にちなんだ小さな噴水が教会の脇にあります。

紋章

ツアーも終わりに近づきました。今日、ぐるっと回った道筋の中心にイオラニ・パレスがあります。宮殿の敷地の扉にハワイ王朝の紋章があります。紋章に描かれた絵柄にも一つ一つ意味があります。

戴冠式台

カラカウア王が即位するとき、戴冠式を行った戴冠式台があります。ハワイ文化を再興し、ハワイの独立を守ろうとしたメリー・モナークも志半ばにして病に倒れ、後を継いだリリウオカラニ女王がハワイ王朝最後の王となってしまいます。全世界に力を広めつつあった欧米の勢いに、精いっぱい対抗して独立を守ろうとしながら、力尽きたという悲しさを感じます。

当初の予定を大幅に越えて、maluhiaさんにはスッカリお世話になってしまいました。興味深い話は尽きないのですが、夕方になってきたのでツアーは終了。どこかで冷たいものでもいただきながら一休みするため、ワイキキに戻ることにしました。本当にありがとうございました。

maluhiaさんの歴史ツアー “KANIAKAPUPU”(三日目)


Post-747さて、三日目です。二日連続のアップはいつ以来でしょう!? :emojiface_glad:
そんなことはさておき、三日目午前中はお買いものデーです。スポーツクラブのフラ教室で着るパウを自作すると姉が言うので、開店と同時にファブリックマートに入店。ドンキホーテで朝食を買い、朝食の後はアラモアナ・センター、ワードと駆け回ってお土産やTシャツを購入。カカアコ・キッチンでお昼を食べてホテルに戻ります。午後は、モーハワイ・ブロガーのmaluhiaさんにヒストリック・ツアーに連れて行って頂くことになっているのです。

maluhiaさんは、姉と私に、手作りのTiのレイをお持ちくださいました。ダウンタウンを案内していただく予定だったんですが、お天気がいいので、その前にぜひ見せたいところがある、と案内していただいたのが、ヌウアウの森の中にひっそりとたたずむKANIAKAPUPU(カタツムリの歌)というところです(トップの写真)。パリ・ハイウェイからわき道にそれてしばらく行き、車を置いて10分ほど森の中を歩いた所です。


説明

カメハメハ三世とカラマ王妃のサマーパレスだったところです。1845年に完成したとありますから、そんなに古い建物ではないのですが…。建物の入り口の脇に、説明を記した金属板があります。

KANIAKAPUPU
SUMMER PALACE OF KING KAMEHAMEHAⅢ
AND HIS QUEEN KALAMA
COMPLETED IN 1845 IT WAS THE SCENE OF
ENTERTAINMENT OF FOREIGN CELEBRITIES
AND THE FEASTING OF CHIEFS AND COMMONERS
THE GREATEST OF THESE OCCASIONS WAS
A LUAU ATTENDED BY AN ESTIMATED TEN
THOUSAND PEOPLE CELEBRATING
HAWAIIANAN RESTORATION DAY IN 1847

一時、イギリス海軍がハワイの統治権を奪った時期があります。ハワイの人たちはイギリス本国に訴え、1843年7月31日に5カ月ぶりに統治権が返還されました。この日は、Ka la ho’iho’i (復帰の日)とされています。その日を記念するルアウが1847年にこの場所で行われ、およそ一万人の人が集まって祝った、と書かれています。

廃墟

そのような歴史も今は昔、静かな森の中、廃墟が広がるばかりです。
がれき

それにしても、150年ほどでこのガレキっぷりは尋常ではありませんね。1847年以降、この場所に関する記載がある文献は見あたらず、1874年の地図には既に「古い廃墟」と書かれているそうです。ほんの短い期間利用され、その後なぜか忘れられたようですね。
しかし、今は大切に保存されているようです。足元は綺麗に整地されていますし、私たちが訪れた時も他のグループと出会いました。説明の金属板が嵌めこまれた石には訪れた人たちが残したレイがのっており、人々がこの場所を大切に考えていることがわかります。maluhiaさんも、持参のティのレイをささげていらっしゃいました。

道路から少し入るだけなのに、別世界のような静かな雰囲気です。森の緑のきらめきと、崩れた石壁のコントラストが、かなしいような美しさでした。

:emojiface_settledown: さて、引き続き、ダウンタウンの歴史ツアーに向かいます。

ビショップミュージアムのムーンライト・メレ(二日目夜)


Post-746ブログに言い訳めいたこと書きたくないのですが、このところすることが多くて、ブログにかけられる時間と体力(知力はモトモト無い)が減っています。イカンですね。 :emojiface_koma:

さて、海から帰って一休みした後、ビショップ・ミュージアムに出かけます。クーの神像が里帰りして三体揃っていると聞き、ネットで調べたら、ちょうどこの日に中庭で野外コンサートがあるとわかったのです。ネットで申し込みました。前売りで、一人$20。 :emojiface_glad:

行列

5時半開場とあるので、5時ころ行くと既にすごい人。駐車場も一杯で、サブの駐車場に回りました。受付を済ませ、行列に並びます。こんなに人が集まるとは予想していなかったので、ちょっとびっくり :emojiface_gesso:

会場

会場の中庭は広々としていて、場所は十分でした。目の前にチェアに座った大柄な人が来るとゴザに座る私たちは前が見えなくなっちゃうので、一段高くなったスロープに場所を確保しました。ステージは遠くですが、良く見えます。但し、気を緩めると滑り落ちそうになり、すぐ後ろのご夫婦に笑われたりします。この写真は、だいぶ時間がたって、観客が多くなった頃の会場の様子です。

ダブル・レインボウ

時折シャワーが来ます。激しい時にはゴザをかぶってしのぎました。傘も双眼鏡もハワイまで持ってきたのに、なんたることか、このときは忘れてきちゃったんですよね。でも、シャワーのお陰でこんなにきれいな虹を見ることが出来ました。

アウアナ

会場に入ると、ロイヤルハワイアンバンドの演奏にのり、優雅なアウアナのパフォーマンスが始まっていました。

カヒコ

続いて披露されたカヒコも力強くて見ごたえアリ。

タイマネ・ガードナー

タイマネ・ガードナーちゃん。これはリハーサルのシーンです。本番ではライトが強すぎて、真っ白な写真しか撮れなかったんです。

ナー・パラパライ
このほかにも演奏やフラがあり、この日の真打ちは、ナー・パラパライ。パワー満点の演奏と歌声はさすがですね。出演者も多彩で、長時間楽しめるイベントでした。 :emojinote_eight:

私たちはサンドウィッチとジュースを買い込んで持っていったのですが、スナックや飲み物を販売するテントやワゴンが沢山出ていて、手ぶらで行っても不自由無さそうです。前の家族は沢山のオムスビを持ってきていました。隣に場所を取った人からは、ワインを勧められたのですが、残念ながら運転があるのでお礼を言ってお気持ちだけ頂きました。
:emojiwine:

夜景

来場者のため、ハワイアン・ホールが開放されており、姉と交代で展示を見に行きました。三体並んだクーは、さすがに迫力あります。長丁場に疲れて、ちょっと早めに会場を抜け出して帰りましたが、いやいや、楽しかったです。

二日目。海に向かいます。


Post-7459月も下旬が近づき、ようやく朝夕の暑さがおさまってきました。8月の旅行記、頑張って書かないと秋が来ますね。忘れないうちに(忘れられないうちに? :emojiface_koma: )アップしなければ。 :emojisweat:

朝食

さて、まずは朝食。ブレーカーズから歩いてすぐのアウトリガー・リーフのショアバードに行きました。道端のポストに置いてある小さなクーポンブックのクーポン(二人目半額)利用で、朝食ブフェが二人で20ドルちょっと。これならまずまずかな。 :emojiface_glad:
朝食を終えて行動開始です。土曜日なのでファーマーズ・マーケットに行こうと思うのですが、このところKCCは非常な混雑だとか。朝イチで朝市に出かける元気もないので、別のマーケットに行くことにしました。

ハワイ・カイ方面の、Makeke O Maunalua Farmer’s Market(Mapはここ)です。

マーケット

途中、KCCの横を通りましたが、たくさんの人が訪れています。駐車場も満車の様子。なので、予定通りスルーします。東に向かってしばらく走り、迷うこともなく到着です。KCCに比べてはるかに小規模ですが、の~んびりしてていい感じ。

フルーツ

フルーツやジャム、バター、野菜などのお店が並んでいます。

コーヒー

コーヒーのお店があったので、つい試飲して話を聞きました。イケメンお兄ちゃんがあまりに熱心に説明してくれるので、コナ・コーヒーを一つ購入。農園のホームページは :emojion: です。

KENEKE'S

さて、マーケットの後は海に向かいます。途中、KENEKE’Sで昼食を調達しました。

目的地はベローズ・ビーチだったのですが、来てみるとパブリック・ビーチ・クローズドと表示されています。土曜日だけどそういう日もあるのですね。それなら、というわけで、お隣のワイマナロ・ビーチパークに目的地変更です。トップの写真の通り、ビーチの美しさは全く変わりません。

昼食

さっそく木陰にゴザを広げ、まずはKENEKE’Sで調達したミックス・プレートで昼食。姉貴と二人でシェアして十分な量です。お味もグッド。 :emojiface_glad2:

デザート

デザートは、途中、COSTCOで購入したイチゴです。
昼食を美味しく頂いて、しばらく青い海と空を眺めてゆったりと過ごします。このためにこそハワイまで来たんだ!と言いたくなるような、至福のひと時です。
 

初日、モーハワイ・オフィスから活動開始


Post-743姉と二人のハワイ旅行、初日(8月6日)です。

まずはブレーカーズのお向かい、アランチーノで昼食。ピザのランチを頼んだのですが、なかなか来ません。パンをつまみながら待ってると、日本人の女性マネージャーが、「遅くなってすみません。ピザのドウが破けちゃったので、作り直していたようです。今知りました。お待たせしたお詫びに、デザートにティラミスをサービスします」との丁寧なご対応。ふふ、出だしからラッキーです。

食後、ワイキキのお店を覗きながら、モーハワイのオフィスに向かいます。今日行っとかないと、週末になっちゃいますからね。編集長の不在を守っているモーハワイの戦闘員たちを激励に向かいました。ところで、一応説明はしたけど、姉はココがどんなところかわかっていたのかな?

夕方、Azureさんと待ち合わせ、食事に向かいます。サーブのコンバーティブルでさっそうと迎えにきてくれました。早速お勧めのハッピーアワーのお店に向かいます。その途中、

バイク

「あれ、あのバイク!?」前を走るバイク、ライダーの背中で何か動いたような。 :emojiface_gesso:
バックパック

ライダーのバックパックからワンちゃんが顔を出しているじゃないですか。ココがお気に入りの場所のようで、落ち着き払って乗っています。可愛ですね。こんな情景を目にしながら夕方のアラモアナ・ブールバードをレストラン・ロウに向かいます。

目指すお店はVino。あれ、もしかしてマスターソムリエのチャックフルヤさんのお店では?楽しみ!と思ったのですが、カウンターが満席。ハッピーアワー狙いの人が多いようです。というわけで、Vinoの店内を突っ切っるようにしてお隣のHiroshiに移動。こちらもAzrureさん御用達のお店です。首尾良くカウンター席をゲット。

ハッピーアワー

17時30分から18時30分までに注文したお食事が半額となります。あ、最後にチップを計算するときは、もとの単価を基準に考えるのがルールだそうです。 :emojifinger_one: :emojiface_glad2:

18時半までということで、どんどん注文したのでちょっと食べすぎ気味です。でも、どれも美味しい~ :emojiknife: 。Azureさんとは初対面の姉も含め、関西人三人(私たちのこと)楽しく食べて飲んで話も弾み、あっという間に時間が過ぎます。

Azureさんは翌日早朝からお仕事ということで、早めに切り上げました。ワイキキに帰る途中、ヒルトンの花火が海越しに見え、綺麗でした。満ち足りた気持ちで、長かった8月6日が終了です。