モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2013年2月

春節-Chinese New Year-


Liondanse2006


2013年の春節(Chinese New Year)は、
2月10日。

ピヨコはいま、
中華街の近くに住んでいるので
パリ中華街流の旧正月のお祝いが
ゆるゆると続いている今日この頃です。


**********


ちょっと古いお話になってしまいますが
2006年の1月末、ロングステイの最中に
ピヨコマミー、ピヨ姉と、
ハワイの春節を見に
チャイナタウンへ行きました。

初めて行った夜のチャイナタウン、
ちょっと怖かった!

日本でも、諸外国でも、
チャイナタウンのごちゃごちゃは一緒だけど
ハワイのチャイナタウンは、アジアのそれと比べても、
かなり汚くて、ごみごみ&ごちゃごちゃしていて
お祭りだから、余計にごったがえしていて
それはそれは、すごい人出で。

でも、元来アジアが大好きな私は
アジア〜〜なごっちゃり感が、
「何だかちょっと安心するなぁ」なんて
ニコニコしてたりして。
屋台の中華もおいしかったし♪
直後に、奇跡のような再会も体験し。


で、肝心のお祭りの内容は

最初から最後まで、「ししまい」(ライオンダンス)!!

赤や黄色や、色とりどりのししまいが次々に登場。
大通りを練り歩きながら、周囲の人たちが
爆竹をひたすら鳴らす、というもの。


中国のししまいを、以前どこかで見たことがあったけれど
あんなに近くで見たのは初めてで、大興奮。

ししまい団っぽい団体が5団体くらいあって
そのそれぞれが勝手に音楽を奏でながら
爆竹の炎の中を踊るフリースタイル。

爆竹もハンパない量で
1店舗あたり、段ボール2杯分くらいは当たり前。
地面はもちろん、吊り下げ式のものや、
変わった光の出るものや・・・

初体験のピヨコ一家は
爆竹の爆音と煙にやられて
耳と喉が痛いし、こ・・・怖い・・・。

爆竹の音のおかげで翌日はものすごく耳が遠くて
家の中でも街へ出ても、耳栓をしているかのよう。
おばあちゃん体験みたいだった。。

ずるいよね〜、ししまいたちは。
みんな当たり前のように、はじめから耳栓してた。
もちろん、チャイナタウンのお店の方々は、
お店の扉をきっちり閉めてるし。

パリでも、ししまいに爆竹はつきものでしたが
爆竹の音も量も、ハワイよりも控えめだったので
耳栓なしでも楽しめましたよ。

Photo:写真が白くけむっているのは、爆竹の煙のせいです。

ロクシタン 5 Huiles




アロハー、ピヨコです。
極寒のパリよりお送りしています。

相変わらず、寒さは緩んだり戻ったり。
でも最近は雪が積もることもなく
時々太陽と青空がのぞく毎日です。


機内販売や免税販売でもおなじみの
南仏・プロヴァンス出身のブランド
ロクシタン。

ハンドクリームやボディクリームは良く使っていたのですが
シャンプー類は、最近まで使ったことがありませんでした。

というのは…

以前お店でいただいたサンプルを使ってみたところ、
あまり泡立たず、キシキシしてしまい
乾燥がひどいピヨコの髪には
あまり合わないなー、と思ってしまったためです。
日本では価格がちょっと高めということもあり
その価格なら、と、別の美容室系ブランドを使ったりしていました。

ところが

前回のハワイ滞在(2012年9〜10月)で
ホテルオークラ カイマナビーチに宿泊しました。

備え付けアメニティは、ロクシタン。(トップ写真)
初めて、5 Huilesシリーズのシャンプー&リンスを使ってみることに。

すると、日焼けで傷んでいるはずの髪なのに
するするまとまる!+艶も出た!
驚きの髪質変化を体験することになったのでした。

実はパリに来てからも、この5 Huilesシリーズを愛用しています。
前回のパリ滞在(4カ月ほど)では、
いろいろなダメージヘア用シャンプーを試したものの
ボロボロ&ゴワゴワになってしまったピヨコの髪も
今回は5 Huilesのおかげで、しっとりつやつやしています。
香りもピヨコ好みで、とても気に入っています。

ロクシタン、フランスではもともと
価格が海外よりもお安く設定されている上
パウチに入った詰め替えタイプも販売しているんですよ。

日本でも、詰め替えタイプが発売されたら良いのになー。。