モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2011年4月

春爛漫



少し前になりますが
4月2週目に、桜を見に行きました。

とても大好きで、毎年必ず見に行く鎌倉の桜。

まだ満開ではなかったものの
8分咲きの桜並木を見て、
今年も、春が来たことを実感しました。


満開の桜から2週間が経ち、
もう、4月も終わりに近づいています。

東京は、震災前と同じとは言えないまでも
落ち着きを取り戻しています。

お水も、食材も、不便なく買えるようになりました。
牛乳も、納豆も、パンも、お米も。

コンビニの棚も、さまざまなものが並んで
「日常」が戻りつつあります。

何だか、とても遠い日のように感じてしまう3月11日。
まだ、1ヶ月半しか経っていないのに。

忘れてはいけないこと、風化してはいけない問題はたくさんあります。
でも
心身ともに強張ってガチガチになるような緊張感は、
持続しなくていい類のものだと思います。

バランスを保ちつつ、支援は継続しつつ、
コツコツと丁寧に、日常を。

そんな日々を心がけたいと思っています。


ハワイにいるみなさんにも、日本の桜を。
大変なことがあった今年も、とてもきれいに咲きましたよ。


 


4月



気付けばもう、4月。


目黒川を通りかかったら
桜が咲き始めていました。


静かに1人、お花見をしたら
心がとても、落ち着きました。



半月以上もの間、地震酔いが続いて、
座っているだけで眩暈がするし
会社のパソコンは画面が揺れて見えるし

悲しいニュースや怖いニュースばかりが目に飛び込んできて
テレビやネットや新聞、週刊誌…
見る度に、心が締め付けられる。

ニュースや映像を見る度に
こんなにも異なる状況に、恵まれた環境にいる自分を再確認して
これでいいのだろうかという思いに苛まれる。

何か出来ることを、と思っても
一人の力はとても微力で
小さな小さな力添えしかできない。

そんな自分に無力感を感じて
「もっと大変な人もいるのに…」と
自分にハッパをかけてみたりもしたけれど…



桜を見ていて、塊が溶けていく感じがした。



地震酔いは、地震酔い。
具合が良くないのは、身体の反応。
申し訳ないことじゃない。
もっと大変な人は、確実に、たくさん、いる。
でも、自分の身体も、大切にしなきゃ。

悲しいニュースが多すぎて、心が痛くて
とても全部を受け止めることなんてできそうにない。
時には目を閉じて、深呼吸。
落ち着いて考えられるまで、少しだけ立ち止まって。

悩んでも、苛まれても、
状況は何も、動かない。変わらない。
でも、自分が動いたら、少しだけ、変えられる。
できることは何?ほかにも、何かない?
悩んでる暇があったら、情報収集。
できることをする。シンプルなこと。
少しだけ、変わるだろう。
少しずつ、変えられるだろう。

たとえ小さな力添えでも、続けていこう。
できるだけ、長く長く。
積もればきっと、振り返ってみたらきっと
小さくなんかなくなってる。
誰かの役に立てるくらいに。

もっと大変な状況におかれている人は、たくさんいる。
だから、関心を持ち続けよう。
喉元を過ぎて、東京が何となく普段通りになってきても
出来ること、すべきことを
きちんと一つ一つ、積み重ねよう。


当たり前じゃないこと、ありがたいことすべてに
感謝する気持ちを持って
自分を大切に思いやりながら
周囲の人、遠くの人に思いを馳せながら
粛々と、毎日を過ごしていこう。


そう思ったら
少しだけ、前向きになった。


後ろばかりを見ていたら
前には進めないし

1年で一番大好きな
桜の季節がやってくる。


少しずつ、一歩ずつ。
前を向いて、歩き始めようと思います。