Liondanse2006


2013年の春節(Chinese New Year)は、
2月10日。

ピヨコはいま、
中華街の近くに住んでいるので
パリ中華街流の旧正月のお祝いが
ゆるゆると続いている今日この頃です。


**********


ちょっと古いお話になってしまいますが
2006年の1月末、ロングステイの最中に
ピヨコマミー、ピヨ姉と、
ハワイの春節を見に
チャイナタウンへ行きました。

初めて行った夜のチャイナタウン、
ちょっと怖かった!

日本でも、諸外国でも、
チャイナタウンのごちゃごちゃは一緒だけど
ハワイのチャイナタウンは、アジアのそれと比べても、
かなり汚くて、ごみごみ&ごちゃごちゃしていて
お祭りだから、余計にごったがえしていて
それはそれは、すごい人出で。

でも、元来アジアが大好きな私は
アジア〜〜なごっちゃり感が、
「何だかちょっと安心するなぁ」なんて
ニコニコしてたりして。
屋台の中華もおいしかったし♪
直後に、奇跡のような再会も体験し。


で、肝心のお祭りの内容は

最初から最後まで、「ししまい」(ライオンダンス)!!

赤や黄色や、色とりどりのししまいが次々に登場。
大通りを練り歩きながら、周囲の人たちが
爆竹をひたすら鳴らす、というもの。


中国のししまいを、以前どこかで見たことがあったけれど
あんなに近くで見たのは初めてで、大興奮。

ししまい団っぽい団体が5団体くらいあって
そのそれぞれが勝手に音楽を奏でながら
爆竹の炎の中を踊るフリースタイル。

爆竹もハンパない量で
1店舗あたり、段ボール2杯分くらいは当たり前。
地面はもちろん、吊り下げ式のものや、
変わった光の出るものや・・・

初体験のピヨコ一家は
爆竹の爆音と煙にやられて
耳と喉が痛いし、こ・・・怖い・・・。

爆竹の音のおかげで翌日はものすごく耳が遠くて
家の中でも街へ出ても、耳栓をしているかのよう。
おばあちゃん体験みたいだった。。

ずるいよね〜、ししまいたちは。
みんな当たり前のように、はじめから耳栓してた。
もちろん、チャイナタウンのお店の方々は、
お店の扉をきっちり閉めてるし。

パリでも、ししまいに爆竹はつきものでしたが
爆竹の音も量も、ハワイよりも控えめだったので
耳栓なしでも楽しめましたよ。

Photo:写真が白くけむっているのは、爆竹の煙のせいです。