OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サンダル、1年ぶりに履くと靴擦れになる
あいまいな嫁です。
シャングリラことドリスデューク邸
いよいよ最後の見学場所です。
このドアの向こうに・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ムガールガーデンが
ここが一番印象に残っている、と言う方も多いそうな。
(私は中庭の方が好きかな??)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パキスタンのシャリマール庭園をお手本に作られたそうな。
(インドのタージマハールもこの様式です)

入口には

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大きな木が(バニヤンツリー)
こちらはドリスさん自らが選んで植えたそうです
みなさん名残惜しそうにシャングリラを後にしていました

今さらの説明ですが 笑
ドリスさんはアメリカンたばこ(ラッキーストライク)の創業者の娘さんでした。
12歳の時に父が亡くなり、多額の遺産を譲り受けた世界一リッチな少女。
ちょっとした有名人だった彼女。
しかしハワイの人々はそういった目で見なかったので彼女はのびのびと過ごせたそうです。
沢山の国を旅してイスラムアートに興味を持ち、ハワイに邸宅を建てたということですが・・・
なぜハワイにイスラム建築なのか?
との質問に

同時に恋に落ちてしまったので

と答えていました。
なるほどー。
世界各国に家があったのでこちらには年に3ヶ月ほどしか滞在しなかったとか。
うーん、もったいない

またサーフィンにハマりデュークカハナモク兄弟にとてもかわいがられたそう。
デュークはドリスの事を

Lahilahi

とあだ名をつけて呼んでいたんだって。
Lahilahiって繊細、とか細いって意味なんですけど・・・
彼女の声がとてもやわらかく心地よいことからそのあだ名になったみたいです。
お二人にはロマンスのうわさもあったとかないとか

知れば知るほどドリスさんに興味が沸いてきました

そんなドリスさん、まさかの映画になっていました
バーナード アンド ドリス と言う題名。
(スーザン・サランドンとレイフ・ファインズ!)
知らなかったー。
TSUTAYAで探してみよう 笑

送迎車が

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

早く乗りなよと見つめてるような 笑

ひとりぼっちハワイのはじまり、まずは順調?かな???

つづく