モーハワイ☆コム

カテゴリー:☆歴史・パワースポット

2015.12 マノアで低いレインボー・・・?


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カイルアにマウイマイクスができたんですね。あいまいな嫁です。
エンチャンテッドレイクセンターだから車じゃないと不便かな?
(ちなみにここにあるサイゴンヌードルハウスのフォーがおいしいです

ってことでモーニンググラス~から出ると・・・
虹~
めっちゃ低い虹
めずらしい

ほんとは年賀状用に虹と一緒に撮りたかったのですが・・・
コーヒーを買っていたので出遅れまして・・・
虹がどんどん薄くなってしまい 涙
一緒に撮れませんでした
そんなマノアで虹を見たのでせっかくだから(出たっ)
今日は久々神話について
ハワイの神話に出てくる女神と言えばペレ、ポリアフ、ヒイアカなどなどが有名ですが・・・
マノアの虹の女神

Kahalaopuna

のお話しです。

昔むかしそのむかし。
マノアの風の神と雨の神を両親に持つカハラオプナという美しい娘さんがおりました
カハラオプナにはカウヒという婚約者がいたのですが、これが嫉妬深く残忍な性格。
ある時、ちょっとした誤解からカハラオプナを殴り殺してしまいます(ひょえー
彼女がいなくなってからマノアから虹が消えてしまったそうな
彼女の守護神である白いPueo(ふくろう)が気の毒に思いふたたびカハラオプナをマノアに戻します
腹を立てたカウヒは再び彼女を・・・

Pueoが助ける→カウヒが殺す→再びPueoが蘇生させる・・・

これを繰り返すこと 計6回 爆

そのあと弱ったカハラオプナは優しい青年マナハと出会いこっそり結婚。
めでたしめでたし・・・
と思いきや執念深いカウヒにまたもや見つかりサメのエサになるよう海に投げ入れてしまいます。
カウヒはサメの神ホアリイの血を引く残忍な性格だったのです・・・)
どんだけー

その後カウヒは丘に姿を変えられたそうな
(マノアにあるヴァアヒラ尾根がそうらしい)

優しい夫マナハは・・・
カハラオプナはこの世からいなくなったのではなく生まれ変わったのだ。
と神に言いました。
するとマノアの空に美しい虹が広がったのです

トゥアヒネ(カハラオプナの妹)が泣くと、カハラオプナが現れて今でも虹が出るのです

ざっくりまとめたけど長くなっちゃった
マノアで虹を見たらカハラオプナが歓迎してくれてるのかもしれませんね

つづく

アロハのおすそ分け・・・?


0135e7ecff46a00c2583d6681d0f457e2600e2ec24

かき氷をつくるヤツが欲しいです。あいまいな嫁です。
友達でありわたしのフラ師匠である友人からトップ写真のクペエをいただきました。
先日のホイケで使用したもの。
ハワイ島から届いたティで編まれたものです。
こういうアロハなおすそ分けがとても嬉しい
ステキ過ぎるのでUPしました

せっかくなのでちょっとレイについて・・・
フラを踊るときのレイには3種類あります。
頭につけるレイ・ポオ こちらは覚えたフラを忘れないように
手足・足首につけるレイ・クペエ 振りを間違えないように
首につけるレイ・アイ 悪い気が体にはいらないように

とそれぞれが意味を持ちます。
私がいただいたのはレイ クペエですね。
基本的に手足は同じレイを着けます。

フラを習っている方はもちろんご存じだと思いますが、レイをつけるには順番があります。
足→手→首→頭の順です。
これは大地のマナが足の爪先から体に入ると考えられているためです。

カヒコを踊る際につける、葉で編まれたレイはグリーンレイと呼ばれ、特に神聖なものとされています。
こちらはティで編まれていますが、他にはラウアエやパラパライ(シダ)で編まれたものもあります。
レイひとつを取り上げただけでも奥が深いですよね。
やっぱりハワイに関する歴史っておもしろい
こうやって少し知っただけでフラを見るのがぐん、と楽しくなりますよね。

と脱線編でした。長くなっちゃったからハワイネタはまた明日〜。
旅と同じで脱線しまくりですな 笑

つづく

2013.6 ULUPO HEIAUへ…? 


0130b6d8655db5cc0514471301c481ba5f525f458d

まゆゆ、おめでとう~ あいまいな嫁です。
ということでまた来てしまいましたウルポヘイアウこちらはオアフ島で最も古く2番目に大きいヘイアウです。
カイルアロード沿いにあり比較的アクセスしやすいヘイアウかと思います

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とはいえ通り沿いには見えないのでカイルアのYMCAを目指します。
こちらの駐車場に停めて歩いていくのです。
ちゃんとカメハメハの看板が建っていますね

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タロイモが植えてあるのでタロイモ好きのイモキャミだんな。
張り切ってるのか足取りが軽やか 笑
すると

011530f784be1a7ac0e082ddaced3a67645fe66ffd

ここで撮って~と。
え、ここ?
って思いながら撮ってあげました。
人の萌えポイントはそれぞれですからね・・・
すると

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どんどん

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どんどんどん←?
いざタロイモのもとへ~ 笑
こちらのヘイアウは広いので次回へとつづく・・・

※おまけ(ひさびさ~)

荒天の中共同購入クーポンの期限がヤバそうなので出かけました・・・

019953527ca14f171886c6e93f144fe5a7159043bf

横浜スタジアム近くの駅ビルCERTEの中にあるカレーやさん。
昼はバイキング形式でカレーが食べられます

01b444f47d8cc8a39af789b110ddbf2c545f730a8b

どうですか・・・
めっちゃカレー、食べたくなってきたでしょう・・・笑
定価の半額で食べられました。うふ
インドカレーってほんとおいしいですよね。
ごちそうさまでした

2013.6 Pahukini Heiauへ到着・・・?


01980776bf3ec1deafe46008cbe0b6036c8f161978

増税前に髪を切りました。あいまいな嫁です。
と言うことで冒険気分をいやというぐらい味わって到着したのは・・・

01ae46e09043af26683754a45c8048e343cac852aa
Pahukini Heiau

観光名所のサインがかなり色あせてます。
ほぼ観光客が来ない場所かもしれません。

199

こちらに説明なんかが書かれています。
こちらはルアキニタイプのヘイアウ(生贄をささげたヘイアウ)
戦いの勝利を祈った場所だそうです。
パフキニとはいくつかのパフ(ドラム)という意味みたいですね。

200

プレートの奥に大きな石垣があります。
かなり大きなヘイアウです。

212

人がこれぐらいの大きさに写るってことで広さがわかるかな?

207

大きなヘイアウの周りに小さいヘイアウが点在してるって感じでしょうか。

210

昨今ヘイアウを復元するって活動が盛んだったりしてますよね。
ここもそうみたいです。
キレイに整備されていました

213

遠くに見える海はカイルア方面です。
高台なので視界が拓けて気持ちの良い場所。
心がすーっとなる気がします。

221

かなり満喫してやっと戻ってきたわたし。
この場所は開放感がありカラダがスッキリしたような気がします
来れて良かったな。

今回の旅、あと2ヶ所ヘイアウに立ち寄らせていただきました。
なんて充実した旅
お楽しみに・・・

帰り道

O

2人も満足だったに違いない(たぶん)

あぁなんだか・・・

237

お腹が空いた 笑
ランチへゴーゴー

つづく・・・

※モーハワイで記事にしていただいたのはコチラ。
興味がある方は併せてごらんください。

kaniakapupuその1 →
kaniakapupuその2 →
pahukini heiau   →

2013.6 もうひとつの史跡へと・・・?


01493bf41d36b1c3d111d1e9500a4dff23ac015bcd

セロリが大好きです。あいまいな嫁です。
ヌアヌのこのあたり・・・
カウアイ島のツリートンネルに似てますよね
行ったことないですけど 爆
へなちょこカーといい感じに写っていたのでトップ写真に採用~
ちなみにここらへん、まったく人に会わない感じです。

O

意外にすんなり辿り着けてしまったのでもう1ヶ所連れていってもらう事にしました。
次の場所はちょっと自信がなかったのです・・・
ここはグーグルマップには出てくるのですが入口がわからない・・・
検索もほとんどヒットしない
行けたらラッキーぐらいの気持ちでした。

phukini

この地図で行けるって思った時点でおかしい 爆
行けばなんとかなるかもー
ってノーテンキO型女子のわたし。
(全国のO型さんごめんなさい)
予想通り地図上でチェックした入口を進むと行き止まり
というか私有地っぽいのです。
(ゲートがあった)
こりゃズケズケ入ってったら捕まってしまいます
来た道を戻り他の入り口を探すことに・・・

でも・・・

明らかに怪しげな道しかない・・・
だって

227

こんなです・・・
しかもなんかぬるっとしてるような・・・
かなり躊躇しました・・・

でもとりあえず行ってみました

すると先ほどよりも難所が

225

ありました 涙
約1名滑って負傷
止めたほうがいいのではないか
でも・・・
せっかくなのでちょっと行ってみようか
と悩みました。

が2人は行く気で

いざとなるとビビりなわたし。
迷った末追いかけることに・・・

すると前方からトラックがやってきました。
しめたと思い

この先に〇〇ってあります?

と聞いたら

あぁ、あるぜ

と運転手のあんちゃんが即答。キターっ
さっきの不安はどこへやら
スキップしちゃいそうな勢いです、わたし 笑
今回の旅、なんだかツイてる気がします。
単純です・・・

道の先には・・・

O

つづく・・・

2013.6 KANIAKAPUPUその4・・・?


0175804b8527637e081210a8dffd27406b33b441ef_00001

次のハワ恋MCは内山理名ちゃんですね。あいまいな嫁です。
すっかりパワーをいただいてしまった(ような気がする)KANIAKAPUPU
あ、いまさらですがKANIAKAPUPUとはカタツムリのうたって意味なんだそうです。
名残惜しいけれどそろそろ行かなければなりません。
今回の旅も予定がぎっちり詰まってます
残りの写真をちょこっとUPします~。

01195d0fea5b72dc6eff32f3e3bfd009946068336d

この木が横たわっているあたり・・・
ここへは行けませんでした。
重い空気を感じてしまったのです。
少しでもイヤな感じがした時はその場所へは近づかない方がいいのです。
(わたしは熱が出ちゃったりします

そうそう、編集長がいたので

O

貴重な2ショットを撮ってもらいました・・・
今回沢山過ぎるほどの写真を撮ったのに2ショットはたぶん1ケタ 爆
そんなもんです・・・
後ろに植えてあるティーリーフ、キレイに手入れされていました。
やはり地元の方が訪れてこの地を守ってくれているのでしょう。

182

辿り着いた時は雨がパラパラと降っていたけれど・・・
帰る頃には晴れ間がのぞいていました。
また来てね、と言ってくれているようでした

175

・・・お邪魔しました
オアフ島の大好きな場所、またひとつ増えちゃいました

つづく

2013.6 KANIAKAPUPU その3・・・?


0187cbadc1977502e3fa5b387b8579a048b79290ca_00001

花粉が飛んでます・・・あいまいな嫁です。
さてKANIAKAPUPUの続きです
細いけもの道を不安になりながら進んで行くとそれは突然に現れたのでした。
ついに辿り着きました。
うわぁー
って感じです(普通な感想ですみません・・・)

歴史的に意味のある土地などを訪れる際には以前も書いたことがありますが

私は〇〇です。
△△からやって来ました。
どうか少しだけお邪魔させてください

と心の中で唱えながら足を踏み入れます。
敬意を持ってその場所を訪れること・・・
何よりも一番大事なことです。
これはハワイに限らずですね。

上記はヘイアウなど神聖な場所で行う所作ですが・・・
こちらは別荘として使われていた場所なので地元の方もとても大切にしている場所。
なので同じようにさせていただきました。

わたし、史跡も好きですがそれ以上に廃墟が好き
感動し過ぎてなかなか足を踏み入れることができません。
でも・・・

O

せっかちな人たちがいる・・・
ちょっとちょっと私が感動してるのにー 笑

せっかくなのでぐるーっと回ってみました。

O

ちょっと小雨がパラついてきました。
このあたりは雨が多いですね。
きっとこれはブレッシングだ
祝福されてるってことで何だか嬉しくなります(あくまでもポジティブ~)

O

山の奥に建てられていたからこそ建物が良い状態で残されているのでしょうね
次の写真にはわたしが潜んでます・・・
どこでしょう・・・

159

真ん中にいます・・・笑

161

こちら側、こんなにキレイな状態で岩壁が残ってる・・・
見事です
実際に人々が宴をしていたところを想像すると感動してちょっと涙すら出てきます。(マジです)

O

石積みの場所はヘイアウかな?って思ったらイムだったみたいです。
イムとは地面を掘ってできたかまどのようなものです。
ここでルアウの時の調理をしたってことですね
右上に緑色の光が。オーブかな。

ヌアヌの山の中にひっそりと佇むkaniakapupu
ずーっと昔の建物がこんなに残ってるなんて・・・
言い表せないぐらいの感動でいつまでもこの場所にいたいぐらい。
今回偶然この地を知ることになり、導かれるようにすんなりと訪れることができて・・・
不思議な感じです

つづく

2013.6 KANIAKAPUPU その2・・・?


018866d514fa6eade786d6284b31363d7433917bff

キムタクの髪型が昔っぽくなってきた。あいまいな嫁です。
さてkaniakapupuその2。
いよいよ足を踏み入れます。
トップ写真はアーチ状の入口を振り返った景色です。
野生のヘリコニアがあったりステキな場所です
このあたり、空気が澄んでます(って気がする

147 (2)

雨が多い地域なのでめっちゃぬかるんでます・・・
めっちゃめっちゃヤブ蚊がいます・・・
びっくりするぐらいの数
普通の人は来たくない道だと思います(わたしもです・・・)

おさらいはしたけれどほんとに辿り着けるかな・・・
不安になりながらもぐんぐん進みます。
ま、いざとなればキャミがカンペキに覚えてきてるだろう(早速他力本願・・・)
すると

O

分かれ道。
キャミが編集長、まっすぐですよ
と自信満々に答えます。
ぶっ左に曲がるんだよ
普段冷静なのにテンションあがって右か左かわからなくなっちゃったみたいでビックリ。
わたしも調べといて良かったな・・・
ちなみにまっすぐ進むとクイーンエマが水浴びをした滝に行けるみたいです。

146 (2)

だんだん細くなってきて若干の不安感・・・
すると突然目の前に広がったのは・・・

O

その3へつづく

2013.6 KANIAKAPUPU その1・・・?


01df21c64d8cf884f56d3d3878a22d67b66ff5b371

女子フィギュアにはドラマがありますね。
真央ちゃんに日本国民が涙したことでしょう。
感動をありがとう。あいまいな嫁です。
ってな事で待ちに待った場所へと出発~
実に4年ぶりの編集長とキャミだんな 笑
キャミも楽しそうです

O

横から口だしすると怒られそうなので後ろの座席で静かにしていたわたし・・・
ひたすら後ろから隠し撮り・・・
しかし目的地周辺に着くと胃がキューっとなってきました。
あまり良くない表現ですね・・・
車はオールドパリハイウェイへと向かいます。

O

あっこのあたり何度もストリートビューで通った目的地周辺です

O

ってことで車を道端に停めて目的地入口まで歩きます。
入口は植物のアーチみたいになってるからわかるはず。
と書いてありましたが現在はどうだろう・・・

O

がはは、間違いようのないぐらいアーチになってる 笑
こちらは地元の方が大切にしている場所なので進みやすいように整備されているのかもしれません。

ああドキドキする・・・

その2へつづく

2013.6 KANIAKAPUPUへの道のり・・・?


0167b4457de01f5b61147d4d944580384cc0e0b35e

トムヤムクンが好きです。あいまいな嫁です。
さてさて昨年6月のハワイ旅行。
その中でも一番のメインだったのはこちらでした。

KANIAKAPUPU

カメハメハ3世の夏の避暑地跡。
もともとはカメハメハ大王がオアフ軍と戦いをしてた頃、戦士たちの休息の場所やヘイアウとして利用されていた場所のようです。
ヘイアウとして使われたくなったのちに別荘が建てられたんだとか。
こちらでは多い時は1万人ものゲストを招いて盛大な宴会が行われたりしたそうです。

オアフの史跡のサイトがあるんですけど、ヒマな時にそれを見るのが私の至福の時
そこで有名な歴史スポットに紛れて聞いたことのない場所を発見しました。
それがKANIAKAPUPUでした。
場所はヌアヌの森の奥。
しかし正確な場所がわかりません

ググっても詳細が出てこない・・・
そうなると俄然やる気が出てきます(静かな負けず嫌い)
と思ったらモーハブロガーのamebouzuさんが記事をUPしてるのをあっさり発見 笑
ameさまの連絡先を知っていたのですぐさまメールしました。(その節はマハロです
検索数がほとんどヒットしなかったのにその中のひとつが知ってる方のブログだなんて・・・
これってすごい確率じゃないですか???
絶対に行くべき場所だと確信しました

しかし正確な住所がないのです・・・
グーグルマップで探すのは至難のワザ・・・
ある記事では水道局の敷地内なので立ち入り禁止だとか・・・
でも行ってる方がいるので絶対に行き方があるはず
ここかいな?
ってたくさんの細い道をストリートビューで歩き回ってそれらしきポイントを発見。
その時は感動してすでに達成感バリバリでした 笑

するとYou Tubeで行き方の動画がUPされていたのです。

キャミが発見したんですがなるほど・・・You Tubeとは思いつかなかった
竹藪の中を進んで行くので迷子になっては大変。
しつこいぐらい見て道のりをおさらいして・・・

場所が場所だけに2人で行くのは勇気がいるものです・・・
という事でヤッテルハヤッテルの取材としてお願いしてみました。
そんな経緯で行くことができたのです。

素晴らしい体験でした。
今思い出しても鳥肌がたつぐらい。
ここでも不思議な体験をしました。
徐々にUPして行こうと思います
いちばん行きたかった場所なので前置きが 長くなっちゃった

つづく